スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿小説「帯を解かれて犯されて」第1話

(この小説は「愛と官能の美学」のShyrock様より投稿して頂いたものです。)

着物緊縛
第1話

「先生、私、もうお免状は戴けるでしょうか?」
「うん、そうですね」

 三木本衣葡(みきもと いぶ)は現在通っている着物着付け教室で『師範』の資格を25才の誕生日までに取得したかった。
 彼との結婚式を今秋に控えていることもあって、誕生日までと言うのは時間的に無理かも知れないが、挙式前にはぜひとも取得しておきたい資格だった。
 しかし最近仕事が忙しく残業が続いていて彼とのデートも思うようにならず、ましてや着付け教室に通う時間はかなり厳しかった。
 それでも持ち前のがんばりで資格を得られる直前までこぎつけていた。

「ほぼ問題は無いのですが、半襟がまだもうひとつですね」
「あ、そうですか…」
「半襟は左右均等に出すことは分かっていますね?出し過ぎはいけません。普段着だとだいたい1センチくらいです。その当たりがまだよく分かっておられない…」
「…」

 教える側の須見浩二(53才)は、わずかに白髪混じりの物静かな中年紳士であった。
 市内に着付け教室を3校経営し、200人を超える生徒数を誇っていた。

「今日はもう授業は終りですが、少しだけ復習してみましょうか?あ、でも、もう10時ですよ。少し遅くなりますが時間は大丈夫ですか?」
「あ、ありがとうございます。嬉しいです。ぜひ教えてください。何とか早くお免状が欲しいんです。時間は大丈夫です。クルマですし」
「そうですか?それでは隣の部屋へ来てください。モデルの人形でやってみましょう」
「はい」

 須見は襖を開いた。
 そこは教室よりはかなり狭く、八畳ぐらいの和室であった。
 正面の床の間には重厚な雰囲気の山水の掛け軸が飾られていて、右奥に押し入れがありその上は天袋になっていた。
 室内の柱や梁などは素人目にも高価と分かるほどの資材で設えられていた。
 とりわけ床の間の梁には、原材を鑿(のみ)で彫って漆を施したような立派な一本木を使用していた。
 左側には女性の姿をした人形が襦袢だけ着せられて配備されていた。

 人形があまりにもよくできているため、衣葡が部屋に入った瞬間、人が立っているかのように思い一瞬どきりとした。
 だが、すぐにそれが人形だと分かり衣葡は安堵のため息をついた。

「ははは、人形を見て驚かれましたか。よくできているでしょう?でも安心してください。これは練習台ですから。ご覧になられますか?」

 須見はそういうなり人形が着ている襦袢をさっと取り去った。
 次の瞬間、衣葡の表情がこわばった。
 襦袢を脱がされて裸になったマネキンは実に精巧にできていて、とても人形とは思えないほどのリアルさに溢れていた。
 ブティックで見かけるマネキンよりも身体の線が細やかで、胸の隆起も実に巧妙に造られていた。いや、それ以上に衣葡を驚かせたのは、人形の下半身であった。
 普通ならマネキンの股間はツルツルに造られているのに、目前のそれはまるで実物の女性器のように精巧に造られていた。さすがに毛まではないが恥骨部分は見事に盛り上がり中央をきれいな亀裂が走っていた。
 あまりのリアルさに衣葡は少し気味が悪くなりマネキンから後ずさりした。

「驚かせてすみません。これはマネキンの専門職人に頼んで、特別に造らせたものなんですよ。300万円ほど掛かりましたよ。よくご覧ください。この女性器などは実に見事なできばえだと思いませんか」
「先生…私、ちょっと気分が……もう帰らせてください」
「せっかく復習の時間をお作りしたのに、そんなに急がなくてもいいじゃないですか?さて、それじゃ半襟の練習をしますか」
「あ…はい…よろしくお願いします」

 衣葡はとにかく早く資格が欲しかった。
 その一念が衣葡に足止めをしてしまったわけだが、ここで帰らなかったことが大きなあだとなることを、彼女はまだ知るよしもなかった。


続く→第2話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。