スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿小説「帯を解かれて犯されて」第2話

(この小説は「愛と官能の美学」のShyrock様より投稿して頂いたものです。)

着物緊縛
第2話

「じゃあ、練習に掛かりますね」
「はい、お願いします」
「衣葡さんは早く資格が欲しいと仰ってますが、洋服に比べて着物は着用に時間と手間がかかります。ただ一服のお茶をたてるのに流儀や作法があるのと同様に、袋帯・名古屋帯を結ぶのにもそれなりの手順を覚えなければなりません。では、もう一度、練習してみましょう。帯を解いてください」
「はい」

 衣葡は先程の精巧な人形のことが記憶の片隅をよぎったが、まさか着付けの師範が妙なことはしないだろう、と高をくくり自らの帯に手を掛けた。
 衣葡は艶やかな赤地に扇と花柄の正絹京友禅の衣を解き始めた。
 着物特有の衣擦れの艶めかしい音がひびく。       
 帯揚(おびあげ)、帯枕(おびまくら)、帯締(おびじめ)、腰紐(こしひも)等が畳に重なり合って落ちていく。
 その光景を須見は眼鏡越しに見つめている。
 衣葡に緊張が走る。

「帯は胸高に締めない。分かっていますね」
「はい、先生」
「着丈を短くしない」
「はい」
「衿を詰め過ぎない」
「は、はい…」
「それと…」
「はい?」
「ショーツは穿かない」
「ああっ、すみません。今日は会社の帰りだったものでついそのまま…。すみません。次からはちゃんとします」

「だめです。先程も言ったように作法・手順は守らなければなりません。すぐに脱ぎなさい」
「でも…」

 衣葡はためらった。
 他の生徒がいるときなら、おそらくそそくさと脱いでいただろう。
 しかし、今は師範と自分二人だけである。
 師範と言っても一人の男である。
 その目前でショーツを脱ぐことをためらうのは当然のことであった。

「何をためらっているのですか。早く脱ぎなさい」

 言葉こそ丁寧なのだが、拒むことのできない威圧感のようなものが須見にはあった。
 無言のうちに「私に逆らうと免状はどうなるかな?」と圧力をかけてきているようにも思えた。
 衣葡としては免状が喉から手が出るほど欲しい。
 だから須見の機嫌を損ねたくはなかった。

 衣葡は仕方なく須見に背を向けて身体を屈めた。
 解けた着物の隙間から真っ白な下着がちらりと見え隠れしている。
 右足を上げてゆっくりとショーツを下ろす衣葡。
 左足を上げようとしたその時、突然須見が後方から襲いかかって来た。

「キャ~~~!先生っ、何をするんですか~!」
「衣葡さん、ちょっとだけいいじゃないですか。君がここに来た時から私は君のことが好きだったんだ。そう邪険にしなくても」

 須見の左手は衣葡の着物をつかみ、着物の裾から右手をこじ入れようとしていた。
 だが衣葡が激しく抵抗するため、容易に手を差し込めない。

「こんな可愛い娘さんのショーツを脱ぐ場面を見せつけられて、興奮するなと言う方が無理ですよ。大人しくしなさい!」
「いやっ!やめてください!お願いですから~!」


続き→第3話
戻る→第1話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。