スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投稿小説「帯を解かれて犯されて」第4話

(この小説は「愛と官能の美学」のShyrock様より投稿して頂いたものです。)

着物緊縛
第4話

(ヌチュッ…)

 不快な感触に衣葡は眉をひそめた。
 須見の指から腰を引いて逃れようとした。
 そんな衣葡の動きを予め察知していたかのように、須見の腕が衣葡に絡まった。
 しなやかな腰に男の腕が絡みつき、衣葡は魔手から逃れられなくなってしまった。
 須見は悠々と秘孔をこね回しながらにやにやとほくそ笑む。

「衣葡さんはなかなか素晴らしい道具の持ち主ですね。軽く挿しこんだだけなのにまるで吸盤のように指が離れませんね。ふふふ、これは素晴らしい……」

 須見は今にも涎を垂らしそうなくらいにだらしなく笑っている。
 日頃師範として見せている威厳など微塵も見られない。
 指はとめどなく巧妙にうごめいている。
 女の身体を知り尽くしているかのような指は、秘めやかな部分の構造を早くも学習しようとしていた。

 指は渓谷を上流へと這っていった。
 渓谷のいただきには表皮に覆われた実が生っている。
 須見は表皮をゆっくりとめくりあげた。
 するとそこには愛らしいピンクの実が潜んでいた。
 ピンクの実を指でつまみながら須見はつぶやいた。

「こんな所にぼんぼりがなっていますね。とても可愛い形をしていますね。ここをこうして擦るとどうなるのでしょうね?」

(ううっ……)

 衣葡は身体を波打せ大きく反応した。
 須見の息遣いが衣葡に届くほどに顔を近づけた。
 衣葡はうっすらと涙を浮かべながら、顔を横に振り嫌々をしている。

(ううっ…うううっ……)

「え?もっと擦って欲しいって?それじゃ言葉に甘えて」

(うぐぐ!うううっ!)

 衣葡はなおも激しく首を横に振った。
 須見はきほどよりも派手に指を動かした。
 実の外周に沿って円を描いたり、左右に往来したり、あるいは押してみたり、摘まんでみたり、あらゆる動きで衣葡の敏感な箇所を責めたてた。

 拒絶する気持ちとは裏腹に、衣葡の身体の奥には何やらふつふつと湧き立つものがあった。

(いけない、感じちゃいけないわ……でも、どうしてなんだろう?全然好きな人なんかじゃないのに……)

 衣葡は心の中でつぶやいた。

「確か衣葡さんには婚約者がいらっしゃいましたね。いつもこんな風に触ってもらってるのですか?私にこんなことをされていると分かったら大変ですね」

(うううっ……)

「ほほう、かなり濡れて来ましたね。婚約者以外の男性にこうして濡らされるってどんな気分ですか?ふふふ…それじゃぼちぼち穴の奥も調べさせてもらいましょうか」

 実をなぶっていた中指はゆっくりと渓谷の中央へ移動していった。
 指が渓谷のはざまに食込んでいく。

(にゅぶにゅぶ……)
(ううっ!)

 中指は渓谷の中央やや下方に位置する洞窟へと吸い込まれていく。
 指の第1関節、第2関節と入ったところで一旦停止し、指はまもなく内襞を擦る動作を始めた。

(うぐっ…)

 衣葡はおぞましさに眉をひそめてじっと耐えている。

(グッチョングッチョン……グッチョングッチョン……)

 いつしか蜜量が増し指の抽挿が滑らかになっていた。


続き→第5話(2013.6.24)
戻る→第3話
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。