スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチSM千夜一夜ものがたり第73夜「自衛官の妻」3.千恵利の変化

自衛官の妻
 自衛官増田は平凡な男だが、同期で入隊した妻千恵利は争奪戦が起こったほどの美形で聡明な女性。母親似の高校生の娘も生まれ新居を購入して順風満帆な人生を送る増田だったが、かつての恋敵佐々木が現れて、強引に千恵利を米兵専用カフェで働かせるようになってから変化が起こる。一月経っていきいきと若返った妻を不審に思う増田だったが、佐々木から送られて来た衝撃的な動画で策略に嵌まった事を知った時には、既に手遅れだったのだ。MC+NTRと言う、クセのある内容。
3.千恵利の変化

 仕事を始めてからも千恵利は外で働く事が嬉しいらしく、毎日が充実している様子だった。家に帰って来るのも規則正しい時刻で、それから家事をこなしても有能な彼女にはさほど問題がなかった。共働きになったからと言って俺が家事を分担させられる事もなく、あの心配は杞憂だったのかと思われる一月が過ぎた。俺の稼ぎとあまり遜色のない給料もすぐに振り込まれ、千恵利の変化はむしろ好ましい方向に現れた。専業主婦時代より明らかに若々しくより魅力的になると言う変化だ。そしてそんな彼女に積極性を発揮されて、久しぶりに夜の生活を迎える事になったのだが、この時初めて俺は旨過ぎる話に猜疑心を抱かざるを得なくなった。

「エヘ、久しぶりだね、タカ君とのエッチ」
「そうだね」
 
 その日の夜、風呂から上がってすぐに寝室に入ると、既に待ち構えていた千恵利に押し倒され唇を奪われた。そしてすぐさま互いに服を脱ぎ捨て、さあ、と言う所で千恵利が意外な事を言った。

「ねえ、立ってくれない」
「どうして?」
「千恵利にご奉仕させて」

 すると床に立った俺の前でひざまづいた千恵利は、まだ半勃ちで柔らかいペニスに燃えるような視線を送りつつ、何と両手を胸と正座の股間にやって自分を慰め始めた。もちろんこんな振る舞いを彼女が見せるのは初めてであり、妻の痴態に興奮すると言うより驚いてしまった俺に千恵利は言う。

「千恵利、今日はとってもエッチな気分なの。ね、ねえ、タカ君、乱暴にしてくれない? 髪の毛引っ張って、無理矢理、とか」

 ううむ。これはいわゆる「イラマチオ」と言うプレイではないか。何を隠そう俺はアダルトビデオの鑑賞が好きで、それもSM・陵辱的な内容が趣味である事は、千恵利も知っている。だが、そんなAVみたいなプレイを彼女に要求した事など一度もなかったのに。

 ますます猜疑心が芽生えて来た俺だが、乳首を転がしながら巨乳を揉みしだき、女性器にも卑猥な指使いで息を弾ませる千恵利を見ていると、しだいにムラムラと欲情が込み上げて来た。そして見る見る硬度を増し膨らんで来た肉棒を千恵利が口に含んで来ると、彼女の要求に応えて後頭部のポニーテールを掴んで揺さぶる。自慰行為に耽っている淫らな女に無理矢理口唇奉仕を強要している筈のプレイだが、まもなく俺の方が情けない声を出してしまった。

「ち、千恵利! もうやめてくれ、出ちゃうよ」

ーーいつの間にそんな上手になったんだ? 俺は千恵利にこんな気持ち良いフェラなんてやって貰った覚えはないぞ

 「イラマチオ」自体初めてだったが、いつになく深く咽奥に当たるまで勃起ペニスをくわえ込んだ千恵利が、驚く程巧みな口使いで俺を押し上げて来たのだ。舌を敏感な亀頭の縫い目や裏筋に這わせたかと思うと、チューッと強く吸い上げ、ジュバジュバッと卑猥な水音まで響かせながら高速ディープスロート。これではとても長くは保たない。だが俺の情けない懇願を聞いた千恵利はペニスを吐き出して言った。

「いいんだよ、タカ君、オクチに出しちゃって。そうだ、命令してよ、一緒にイケって」
「……千恵利、一緒にイキなさい」
「うんっ!」

 こうして美しい妻の自慰行為と同時のディープスロートが再開され、長くは保たない俺に合わせて指の動きを一層激しくした千恵利は、俺が劣情のクリームをぶしゃっと口内にしぶかせた瞬間、ウッと背筋を弓なりに反らして昇天したようだった。俺の方は放出してテンションが下がりポニーテールを離してしまったが、千恵利は射精したペニスをなおも離そうとせず、出されたザーメンをゴクリと飲み下した。そしてそのままペロペロングングと精液の残滓を一滴残らず舐め取り始める、やや冷静になった俺はますます増大する疑念を拭えなかった。

ーーおかしい。千恵利がこんなにエッチな女だったなんて……誰かに仕込まれたのか?

 だがそんな疑念もあって、美しい妻の熱心な「お掃除フェラ」を受けてもイマイチ回復の鈍い夫に、千恵利が仕掛けて来た手管は俺の理性を打ち砕いた。

「千恵利! 駄目だよ、そんな汚い所」
「ダーメ! ほら、気持ちいいでしょ?」

 千恵利は俺の尻穴を指で開いて舌を器用に侵入させ、スルスルと滑らかに舐めながら出入りさせて来たのだ。もちろん男女共そんな排泄器官に性感帯が存在すると言う知識はあったが、初めて経験するアナル舐めはビックリするくらい気持ちが良く、下半身がジーンと痺れて力が入らなくなる気がした。これも千恵利のテクニックが優秀なために違いなく、当分抱いた事もなかった妻なのにどうして突然性戯が上達するのか? どうしても嫌な方に疑惑が膨らんでしまうが、俺の身体の方は初めて経験するアナル責めの心地良さで腰が砕け立っていられなくなった。すると千恵利が俺の身体をベッドの上に誘導する。

「ねえ、今度は舐めっこしよ。千恵利のオシリノアナも舐めてね」

 こうして彼女の方が上になってのシックスナインが始まり、そんな行為自体も彼女のアナルを舐めたのも始めてだったが、千恵利は羞じらいながら素晴らしい反応を見せる。彼女もやはり尻穴は優秀な快楽源だったのだ。こうして愛する妻が初めてのアナルも加えた多所責めの快感に慎みを失ってよがり狂う痴態は俺を否応なく興奮の坩堝に叩き込み、邪念が頭から消えた。大興奮のまま身体を合わせてからも、いろいろと体位を変えて濃密なセックスを楽しみ、安全日だと言う千恵利の中に都合三発も精子を放出した俺は、そのまま泥のような深い眠りに落ちたのだった。

続き→4.悪魔からの連絡
戻る→2.忘れていた男
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。