スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチSM千夜一夜ものがたり第73夜「自衛官の妻」15.寝取られ男の幸福

自衛官の妻
 自衛官増田は平凡な男だが、同期で入隊した妻千恵利は争奪戦が起こったほどの美形で聡明な女性。母親似の高校生の娘も生まれ新居を購入して順風満帆な人生を送る増田だったが、かつての恋敵佐々木が現れて、強引に千恵利を米兵専用カフェで働かせるようになってから変化が起こる。一月経っていきいきと若返った妻を不審に思う増田だったが、佐々木から送られて来た衝撃的な動画で策略に嵌まった事を知った時には、既に手遅れだったのだ。MC+NTRと言う、クセのある内容。
15.寝取られ男の幸福

 チャリンと大きな音を立てて、まず帰って来られたのは千恵利様だった。相変わらず女優と言っても通りそうな完璧な美しさで、絵に描いたような貴婦人ぶりに卑しい奴隷の俺も僭越ながらウットリと見とれてしまう。だがご主人様が細工された、この家の玄関をくぐる度に鳴る金属音を聞かれた瞬間、千恵利様は貞淑な人妻と言う仮面を脱ぎ捨て、淫らな本能に忠実な女性に変身される。強力な催眠術でこの家を支配しておられるご主人様は、彼女がその音を聞くと催眠状態に入るよう条件付けされたのだ。

「あらタカシ。帰ってたのね」
「わんわんわん」

 この佐々木家に奴隷として飼われている俺は、基本的に日が高い間はビルの清掃や工事現場の人足として働いているのだが、誰よりも早く帰宅している事が多い。もし、かつては恐れ多くも俺の妻だった千恵利様が、催眠を解かれた状態で俺を目撃されたならば、さぞかし驚き気が触れたのかと誤解される事だろう。この家の中では着衣を許されていない俺は、リビングの一角に置かれた専用スペースの中にほぼ全裸で入り、犬がチンチンするような格好で彼女達の帰りを首を長くして待っていたのだから。俺はさらに、ご家族に対して人間の言葉を話す事を禁じられている。人間以下の存在である卑しい奴隷なのだからとご主人様に躾けられ、ペットの犬のようにふるまってしまうのだ。千恵利様や奈々様と違い、俺だけは一日中ご主人様の催眠術の影響下に置かれており、ごく自然にちんちんポーズで犬のように吠えて、千恵利様のお帰りを歓迎していた。

 本当にご主人様の催眠術は素晴らしい。もし俺が操られていなかったら、下らぬプライドや世間体に縛られて人に支配される事に最高の歓びを覚えるマゾヒストの本性に気付く事もなく、本当の幸福を味わう事を知らずに一生を過ごした事であろう。こうして人間以下の「犬」としてふるまう快感に浸かっている俺は、さらにご家族の皆様に愛情溢れる扱いを受けているので、こんなに幸福な事はない。

「着替えるから一寸待っててね」
「わんわん」

 千恵利様は極小メイド服と言うかつての「仕事着」でご主人様を出迎えるのが常だ。ご主人様は彼女を娶られてから、米兵相手の性サービスは止めさせて、ご家庭内で千恵利様、そして娘の奈々様とのプレイを独占されているのである。おまけに俺もー奴隷としての立場だがーそのプレイのおこぼれを授かるのだから、こんなに幸福で良いのか疑ってしまうくらいだ。

 ご主人様の眼鏡に適っただけあって、文句の付けようがない素晴らしい肉体の千恵利様が着替えられる絶景を、俺は舌をハアハアと出して欲望を丸出しに遠慮なくガン見する。ほぼ全裸と言ったが、俺の股間には特殊な男性用貞操帯が装着され、尻からは肛門調教具に繋がった「シッポ」が突き出している。尻穴を深々と抉って外れてくれない「シッポ」は一日中静音だが着実なバイブレーションを送り込んで来るため、常時浅ましく発情している俺はペニスをガチガチに張り切らせている。ところがその嫌らしい肉塊は、貞操帯内部のサックに厳重に収納されて指一本触れる事も出来ない、と言うオスにとっては最も辛い生殺しの調教を俺は受けているのだ。

 千恵利様もそれを良くご存じなので、あえて俺の目の前で服をどんどん脱ぎ捨て、豊麗だがその年齢が信じられないほど張りがあってシミ一つない見事な裸身を見せ付けて下さる。俺はもう完全に「おあずけ」を喰らっている犬のようなちんちんポーズになり、貞操帯の中のペニスが膨らみ過ぎて心地良い疼痛を覚えていた。そしてこんな卑しく浅ましいオスブタ奴隷に堕ちた俺なのに、全裸の千恵利様はニッコリと微笑んで素晴らしい提案を下さった。

「ねえタカシ。アタシおしっこしたくなっちゃった。飲んでくれる?」
「わんわん! わんわん!」

 もちろん大歓迎だ。さっそく「ちんちん」ポーズであんぐりと開けた俺の口に向けて腰を下ろす千恵利様。接近して来る麗しい女陰部の眺めと鼻をつく濃厚な匂いに陶然となった俺目掛けて、シャーッと聖水が降り注いだ。口中に続々と溜まっていく千恵利様の排泄物を懸命に飲み干し、顔中をベトベトに汚されながら、俺は名状し難い倒錯した歓びに包まれる。

「お舐めなさい」
「わんわんっ!」
「アア……タ、タカシ、とってもお上手よ……あんっ!! そう、ソコおっっ!!」

 初めこそ強い抵抗を覚えた家族の皆様の「便器」にされるプレイだが、小便を飲むのにもすっかり慣れて、今やこの時を待ち焦がれているようなお気に入りの行為である。これもご主人様が俺を操って、人間以下のモノとして扱われる事に無上の歓びを感じるどMな俺の本性を解放して下さったおかげだ。金だの地位だの世間体だのと言った下らぬくびきに囚われている限り、今俺の体中を包み込んでいる天上の至福を味わう事は不可能だったに違いない。小用を終えた後、はしたなくも全裸のまま俺の顔に汚れた陰部を押し付け、口唇で排泄を後始末される快楽にはばかりない大声で悶絶して下さっている千恵利様も同様ではなかろうか。量感タップリな美腰に顔面を圧迫される息苦しさにますます興奮した俺も、千恵利様を歓ばせるべく精魂込めてご奉仕に没頭した。

 その時再び玄関でチャリン音が鳴った。今はアルバイトを止めた奈々様が部活を終えて帰宅されたのだ。

「もう、ママったら!」
「あら、妬かないのよ、奈々ちゃん。タカシったら、とってもお上手なんだもの……ああ、ああ~っ! ま、又よ、ママ、又いっちゃうのお~っっ!!」

 三回も立て続けに気をやって下さった千恵利様は、ようやく俺の顔から下りると奈々様に言う。

「奈々ちゃんもタカシにおしっこしてみたら? ママ、とっても気持ち良かったわ」

 以前よく見たやり取りにそっくりだなと記憶をたぐり寄せた俺は、奈々様の反応を興味深く見守った。恥ずかしがり屋の奈々様がすぐに顔を赤らめたのは昔のままだ。しかしすぐさま逃げるように2階に上がってしまうのが常だった頃とは、家庭内での立場も変わり、奈々様ご自身も変わってしまわれた。奈々様はかわいらしく頬を染めながらも、逃げ出そうとせず俺の方に向かって来られる。

「ママ、手伝うよ」
「ありがと、奈々ちゃん」
「わんわん!」
「ホラ、タカシも喜んでる」

 全裸の千恵利様と、清楚な制服姿の奈々様と言う一見珍妙な取り合わせのお二人は、協力して俺を「犬」らしく堕として下さった。専用スペースから出られぬよう首輪とチェーンで壁に繋がれ、手足には大きく柔らかい肉球グローブが嵌められ自力で外せぬよう手首の部分を縛られる。親指と、他の4本指をまとめた部分にしか別れていないため四つ足で立つには好都合だが、人間の手としての機能はあらかた失われてしまうスグレモノだ。

「さあタカシ! お座り! お手! チンチン!」

 千恵利様が服を着ている間、奈々様が相手をして下さった。そして俺を再び2本足で立たせた奈々様も、俺のすぐ目の前でご自分がご主人様を迎える支度をするエロティックな眺めを見せ付けて下さる。多くの人間男性と同様ご主人様も制服女性がお好みのようで、奈々様は高校の制服のまま下着を外して胸をガッとはだけ、スカートを限界まで上げてしまうスタイルだ。

「フフッ。タカシ、アタシを見て興奮してるんでしょ」
「くう~ん」

 それはノーを意味する鳴き方だったが、途端に奈々様の蹴りが貞操帯の嵌まった股間に炸裂した。

「嘘吐くんじゃないわよ、このバカイヌッ!」

 これはいつも繰り返されているプレイで、どう返答しても同じなのだ。スポーツで鍛えた奈々様の長い美脚のキックは強烈で的確に俺を痛め付けて下さる。しかも勃起し過ぎて苦痛を覚えていた部分に、目の覚めるような一撃を下さるとは。俺は猛烈な痛みに悶絶しながら危うく射精に導かれそうになっていた。

「奈々ちゃん、少し加減してあげなさい」
「いいんだよ、ママ。だってコイツ、いじめられて喜ぶど変態のマゾなんだから。ほら、こんなに大きくしてるんだよ、ココ」

 奈々様は蹴り上げたソックスの爪先で、そのままグリグリと股間部に圧迫を加えて来られた。さっき蹴り上げられた瞬間ヤバかったように、貞操帯内に厳重にしまい込まれている上からのわずかな刺激でも、俺のペニスは敏感に反応する。定期的により太く刺激の強いデザインの物に取り替えられている「シッポ」バイブが俺の尻穴をどんどん開発してしまい、今やその快感がハンパなく凄まじいのだ。おかげでペニスの強烈な勃起も一日中治まってくれず、いずれは外部からの刺激でも射精してしまうかも知れない。それでは禁欲を強制する貞操帯が無意味となる気もするが、そんな事は調教される立場の奴隷である俺が気にしなくても良い。全く気楽な身分だ。

「お舐めっ!」

 そして奈々様が一日はいておられたソックスを口に突っ込まれると、むせるようなキツイ刺激臭に俺は又もやウットリしてしまう。奈々様はバレーの練習時もはいておられたのだろう、汗がタップリ染み込んだ布地は、加齢臭の酷いオヤジがはいていたのかと疑われるくらい悪臭紛々たるもので、それがどMな俺をこよなく陶酔させてくれるのだ。

 清純で潔癖な少女だと思っていた奈々様は、嬉しい事にSの素質があられたようで、催眠状態に入るとこうして俺をビシビシと責めて下さる。きっと俺と奈々様は父と娘というギクシャクした関係などでなく、マゾヒストとサディストとして結ばれるべきだったのだ。このように隠れていた本当の人間性を回復させて下さる、ご主人様の催眠術の何と素晴らしい事か。

「ねえタカシ、アタシのパンツ見て興奮してる?」
「わんわん!」
「ナマイキなんだよっ!」

 再び強烈な金蹴りが決まって、俺はとうとうもんどり打って倒れてしまう。この痛みもどMな俺には心地良いばかりで、もし貞操帯がなかったら間違いなく射精に導かれていただろう。そして犬のように無様な四つん這いになった俺の頭に、奈々様の爪先が置かれた。

「今日さあ生理だからパンツ脱げないんだよね。アタシの血、飲んでみるかい? タカシ」
「くう~ん」
「どうして飲めないのよ!」

 実はまだ女性の生理血を飲んだ事はなく、つい正直に答えてしまう。奈々様はそんな不甲斐ない俺の頭を何度も何度も踏みつけて下さったが、それは俺の中に眠っていたマゾ願望をこよなく刺激してMの歓びに浸らせてくれるばかりだ。

「奈々ちゃん、奈々ちゃん!」
「ママ邪魔しないで。こんなブタ野郎……」
「パパが帰って来たわよ」

 車の音でわかったのだ。すると千恵利様のみならず、奈々様も玄関に向かわれた。この家の主佐々木俊夫様のお出迎えである。

「トシ君、お帰り~」

 玄関先から千恵利様の明るく弾んだ声が聞こえる。きっとご主人様にハグしてキスを迫っておられるのだろう。昔を思い出した俺は、少しだけ感傷に浸った。あれはあれでそれなりに充実した日々だったような気もする。もちろんドMな本性に忠実に生きれば良い今の幸福には比べるべくもないのだが。ご主人様はよく俺に言われる。

「お前が羨ましいぜ。余計な事を一切考えないでいいんだからな。俺なんか仕事は辛いし、家のローンは返さなくちゃならない。千恵利は浮気しないか心配だし、奈々の進学も不安だ。そうだ、増田。催眠術を解いてやるから俺と交替しねえか?」

 もちろんそんな冗談に心を動かされる事はもうない。

 ご主人様がリビングに入って来られると、千恵利様はさっそくひざまづいてご主人様のズボンを下ろし、生尺奉仕を始める。

「もう。ママったら」
「あら奈々ちゃん、ヤキモチ妬いてるの? でも順番だからね。それにあなた生理中なんでしょ」
「奈々ちゃん、これでタカシと遊んでおいで」

 ご主人様が奈々様に渡された小さな物体を見て、俺は思わず生唾を呑み込んでいた。キラリと輝く金属製のカギ。それは俺を悶々と悩ませている貞操帯を外すキーに違いない。

「はい、タカシ。シーシーは?」
「わんわんわん!」

 奈々様に聞かれた俺は勢い良く答える。この貞操帯は外さなくても小用なら可能なのだが、奈々様の手に光るカギを見れば、禁欲で気の触れそうなくらいズキズキと張り切っている肉塊を解放して下さる事を期待しないではいられないではないか。

「ほらタカシ。この中にするのよ」

 奈々様は大きな金ダライを床に置くと、ようやく貞操帯の錠を開いて下さった。本当に用を足すだけで終わってしまう辛い日もあるのだが、今日は大丈夫だろうか? ご主人様のお言葉通り奈々様が「遊んで」下さる事を熱望した俺は、浅ましい肉棒をますます大きくを膨らませる。そしてとうとうサックの中から欲望の塊を解放して下さった奈々様は、数日間の放置で凄まじい汚穢に塗れた局部の悪臭に鼻を摘まんで見せた。

「うわ、くっさー! マジで薄汚いオスブタだね、タカシは。はい、シーシー」

 勝手にペニスを弄らないよう四つ足で立たされていた俺は、犬らしく片脚を上げると金ダライ目掛けて放尿を始める。許可されなければ肉球グローブの不自由な手でマスターベーションする「ご褒美」にすらありつく事は出来ないのだ。

「あ、コイツ、外にこぼしやがった。後でお仕置きだね、全くこのバカイヌは」

 「お仕置き」と聞いた俺は甘美な期待で胸を疼かせる。若く美しいS女性にイジめられるのは、どMな俺には無上の歓びに他ならない。お仕置きが最も辛い「おあずけ」で終わらない事だけは祈りたいものだが。

「ウンウンは?」
「わんわん」
「えー、しょーがないなあ……うわ、でっかー」

 奈々様は続いてずっと振動を続けている「シッポ」バイブを抜いて下さったのだが、それだけで余りの心地良さに俺はハアハア喘いだ口から大量の涎をこぼしてしまう。そして俺は再びタライの上にビチビチと排泄物を積み重ねていったのだが、奈々様は俺自身のペニスと遜色ないアナル調教部の太さに驚かれながら、素晴らしい提案を下さった。

「アハハ、今度でっかいペニバンでヒイヒイ泣かせてやるよ。ケツの穴が裂けないように、しっかり広げとくんだよ。そうしてから当分抜かないでいいように、セーエキを搾り取ってやろう」
「わんわんわん!」

 それは想像しただけでも血わき肉躍るような経験になるだろう。奈々様にアナルを犯されながら精液を抜いて頂くと言うのだから、本当に肛門が裂け精子の抜き過ぎで再起不能となったとしても本望だ。

「ねえママー。後でウンチの始末しといてね」
「わ、わかったわ……アン、トシ君、いいわあ~っ! 奈々ちゃん笑わないでえ! ママ、いくわ! 又、いっちゃうのお~っっ!!」

 向こうではご主人様と性行為に励んでおられる千恵利様が、俺の祖チンでは決して得られなかった肉の歓びを大声で叫んでおられた。彼女は20年近くもこの俺との不満足なセックスで「幸福を感じる」と無理をしておられたわけで、それは結局ノーマルな性行為が不能となった俺と同様に不幸な事であった。千恵利様は一生知らずに過ごす所だった性の歓びを、ご主人様の逞しいペニスと卓越した性戯によって教えられて、ようやく本当の女の幸福を手に入れられたのだ。 

 今や「犬畜生」に堕とされた俺は、恐れ多くも千恵利様と再び身体を合わせたいなどとは望むべくもないし、恐らく人間の女性との性交自体不可能なインポテンツは一生治らないだろう。だが、千恵利様の白魚のように細い指でアナルの奥深くまで抉られて大便の後始末をされるのは、天にも昇る心地良さだ。俺はきっとペニスに一指も触れる事なく射精してしまうに違いない。そしてこれから始まる奈々様の「お仕置き」。俺は人間だ、などと言う下らぬプライドを捨ててしまえば、こんなにも豊穣で奥深い歓びの世界が開けるのだ。

「アタシの血を飲ませてアゲル」

 仰向けに押し倒された俺の顔に、シックスナインの体勢でミニスカの中を脱がれた奈々様が、血の滴る陰部を下ろして来られる。生理真っ最中の女性器を拝む事自体もちろん初めてだったが、大柄な奈々様のボリューム満点の美腰が着地して、汚穢に満ちた血の生臭い匂いに包まれると、一瞬覚えたためらいなどすぐに雲散霧消した。反吐を吐きそうな生々しい生理血を味わうと、俺の中の被虐を歓ぶ血がたちまち沸騰して、脳の血管がぶち切れそうな凄まじい興奮に包まれたのだ。

「しっかりお舐めなさい。アタシをイカせてくれたら、ご褒美だよ……アン! そうそう、お上手よ……そう! ソコおっ!」

 俺は窒息しそうな息苦しさや込み上げて来る嘔吐感と戦いながら、奈々様の血だらけの女陰部に夢中で口唇を這わせる。その甲斐あって、急に女っぽくかわいらしい淫声を洩らすようになった奈々様が昇り詰めて下さるのにさほど時間は掛からなかった。

「ご、ご褒美よっ! これでも喰らいなさい!」

 奈々様は生理中の女性器でますます強く俺の顔を圧迫しながら、いやらしくそそり勃ったペニスにパーン、パーンと打撃音が響き渡るほど強烈な往復ビンタを下さった。もちろんあっと言う間に、溜まっていた精液をドッと放出する俺。奈々様はご自分が気をやる度に何度も何度も平手打ちで精子を吐き出させて下さった。

 こうして顔中を奈々様の血で真っ赤にし、ペニスに加えられる平手打ちの嵐に、およそ人間業とは思えぬ程大量のザーメンを射出しながら、俺は幸福の絶頂を味わう。

ーーこの世にこんな幸福があったのか。夢なら醒めないで欲しい

 大丈夫。ご主人様が催眠術を掛けていて下さる限り、俺の至福の時は続くのだから。

~おしまい~


戻る→14.佐々木のミスリード
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:

すばらしい傑作に本日、気がつきました
こんなすばらしい作品があったなんて
MCとNTR、最高です
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。