スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチSM千夜一夜ものがたり第74夜「ボクの彼女はドヘンタイ」4.仲良く一緒にアダルトショッピング

ボクの彼女はドヘンタイ


 関西から転校して来てクラスのアイドル的存在になった、激カワJK聖奈さん。指をくわえて見てるだけだった年齢イコール彼女いない歴を更新中のボクだったけど、何と彼女から誘われて交際を始める事に。ところが、あっと言う間にボクの童貞を奪った彼女は、手の付けられないヘンタイちゃんだったのです。所構わず暴走する聖奈さんに、果たしてボクの理性とチンポは耐えられるのでしょうか?


4.仲良く一緒にアダルトショッピング

「な、な、セイナに付き合うてよ」

 その日の放課後、ボクは聖奈さんにせがまれて一緒にショッピングに出掛ける事になった。皆の憧れだった学校のアイドル的存在の聖奈さんと仲良く手を繋ぎ、一目もはばからずベタベタしなら学校を出て行くボク達を、他の生徒達は呆気に取られて見送るばかりだ。これまで付き合っていても、学校でそんな素振りは決して見せなかったんだから。ボクはやっぱり気恥ずかしくて穴があったら入りたいような気持ちだったけど、プロポーズを終えた聖奈さんはルンルンと花嫁気取りでボクにじゃれついて来るのだった。この子は髪飾り同様頭の中もお花畑なんだろうなと思ったけど、ボクもかなりその気になっていたのは確かだ。小動物みたいにカワイイ聖奈さんを見ていると愛しさが込み上げて来て、人目がなければ抱きしめてやりたい気分だ。ヘンタイな彼女は、いつでもどこでもボクを受け入れてくれる事だろう。それがパーフェクトな彼女の、唯一困った点なんだけど。

「新婚生活に備えて買うときたいもんが、仰山あるんよ」
「ずいぶん気が早いね」
「言うたやん、ウチのおまんこ……」
「ちょっと、やめて!」

 通勤通学帰りの人混みでごった返す繁華街を、バカップルよろしくオテテ繋いで歩いてたボク達だけど、聖奈さんが女性器の名称などを口にするもんだからボクは慌てて制した。

「人がいっぱいいるから」
「ナオくんはチキンやなあ。ウチは全然気にせえへんよ。そんなんでヘンタイセイナちゃんのダンナ様が勤まるんかいな」

ーー「ヘンタイ」もやめてくれ! 勘弁してよ、全くもう

 SMごっこはやめてしまったのかタメ口に戻った聖奈さんは絶好調で、人混みの中を歩きながらどんどん恥ずかしい言葉を口に出し始める。ボクは、これもヘンタイなおヨメさんをもらう試練なんだ、と諦めるよりないようだった。アレ? いつの間にかボクまで彼女と婚約したような気になっている。、恐るべし、ヘンタイパワー。

 彼女のヘンタイぶりは服装にも遺憾なく発揮され、校門を出た途端にスカートをガッと上げて目がテンになりそうなウルトラミニにしてしまう。夏服セーラーの胸元もダイタンに開けて下着を見せる、露出狂そのものの格好だった。平然としてる彼女に対してボクの方は大いに気後れしてしまい、ハッキリ言って出来たら知らない人であるフリをしたかった。なのに聖奈さんはもちろんボクにピタリと寄り添い、固く手を繋いで離してくれない。エッチ大好きな聖奈さんが性懲りもなく動かして楽しんでるバイブの振動まで伝わって来るし、「これもお仕置きだからね」と彼女は午後からノー下着と言うイカれっぷり。まあほとんどないオッパイはブラ自体不要みたいだけど、バイブを貼られたチクビがピンコ勃ちなのが丸わかりで結構ヤバイ。もっとヤバイのはノーパン激ミニスカの下半身で、風でも吹いたらどうするっつーんだ。

「キャッ!」

 と思ったらマジで強い風が吹いて来て、黄色い声を上げた聖奈さんはモロにハダカの下半身を露出してしまった。すれ違う通行人はたいてい激カワ露出狂の彼女をジロジロ眺めてたんだけど、生白いお尻どころかマン毛モジャモジャのアソコまで丸出しになって、皆ビックリし騒然となる。当の聖奈さん自身はケロッとして何事もなかったような顔してるんだけど、手を繋いでしがみつかれてるボクはもう生きた心地がしなかった。

 そして目的地にただり着く前に、聖奈さんはさらに困った事態を引き起こす。バイブの快感を味わいながらヨチヨチと進んでた歩みがますますノロくなり、妙に腰をモジモジさせ始めたかと思うと完全に立ち止まってしまったのだ。さすがの聖奈さんもこんな人混みの中で露出してるのが恥ずかしくなってしまったのか、と思ったら違ってた。

「アーン、下半身冷えちゃった。ナオくん、おしっこー」
「え、ちょと待って!」

 困った。繁華街まっただ中の路上で、トイレを借りれそうな場所は見当たらない。高校生のボク達には入れない建物ばかり並んでる辺りだったのだ。すると切羽詰まった聖奈さんはとんでもない提案を口にする。

「ウチ、野ションでかまへんよ。ちょうどあそこに草っぱらがあるがな」

ーーマジかよ! こんな丸見えの場所で

 確かに道路から引っ込んだ場所に、用の足せそうな草地がある。だけど男ならともかく、大勢の通行人からバッチリ見られてしまう場所で、聖奈さんはオシッコするつもりなのか。ツルペタ幼児体型と言ったって、彼女は本当に幼児なわけじゃなく、誰もが見惚れてしまう激カワ女子高生なんだぞ。それでもミニスカのアソコに手をやって「洩れるう~!」と逼迫した尿意を訴える聖奈さんを、トイレの使えそうな場所に連れていく余裕は全くない。ボクは覚悟を決めて彼女に草むらでオシッコさせ、かわいそうだけど知らぬ顔を決め込んでやり過ごそうとしたのだが、聖奈さんはそんなヤワなヘンタイじゃなかったのだ。

「しっこー!」
「じゃそこでしちゃいなさい」
「ヤダー! ナオくん、だっこしてー」

 聖奈さんは洩れる洩れると大騒ぎしながら、ボクに恐ろしい要求を突き付けたのだ。あり得ないと思ったけど、ボクは結局小柄な彼女を赤ちゃんみたいに抱っこして、オシッコさせてあげる羽目になった。すると聖奈さんは大喜びで、周囲の目線も気にせずシャーッと勢い良く始めてしまう。


 

続く→

戻る→2.SMごっこ

ボクの彼女はドヘンタイ 目次

プチSM千夜一夜ものがたり 第4期 目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。