スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒミツの花園」1.205号室のヒミツ 1ーD.ワナにはまった私


png
 私湯川理沙は、お嬢様学校と言われる女子高に通う花のジョシコーセー。新しく寮のルームメイトになった亜美や詩子とも、すぐ仲良くなって楽しい学校生活を送ってたの。ところがある日、2人がレズってる所を覗き見して興奮し、夢中でオナってたら、バレちゃって。気が付いたら2人に捕まり、ベッドの上に縛り付けられちゃってた。「理沙は今からアタシ達のセックスドレイにになるんだよ」って、ええ~っ!? でも、エッチな道具やらクスリを使って毎日「調教」されてる内に、すっかりクセになっちゃってた。今度は先生も仲間に誘っちゃおうかな?


1ーD.ワナにはまった私

 仕切りの向こうでは詩子の乱れぶりがますますひどくなり、アンッ!だの、イイッ!だのと隣室の事などお構いなしにあからさまなよがり声を張り上げながら狂ったように真っ白なお尻を激しく上下させていた。

 私もいつになくビンカンな自分のカラダにとまどいながら夢中でクチュクチュと手指でおっぱいとアソコを弄ってしまい、詩子がピインと背筋を弓なりに反らせて

「イクウッ!」

 とはっきりアクメを叫んだ時、私の方も目の前が真っ白になり、何と生まれて始めてはじけちゃった。
 さすがに声を出すのだけはガマンしたけれどしばらくは何も考えられない程の気持ち良さに私はぼんやりと

ーー私、イッチャッタんだ……

 と自分が自分がアクメというものに達した事を悟っていた。

 ホントの事を言えば、私オナニーで気持ち良くなる事は知っていたけど、その先の「イク」というのがどういうものだが、全然見当もつかないでいたの。男の子とのセックスは痛いだけで気持ち良くなんかなかったし、オナニーでも「イク」よりずっと前の快感でマンゾクしちゃっててこんな快楽があるなんて想像も出来なかった。

 いやもっと正確に言えば、そういう事の知識だけはあったんだけど、あまりアソコをイジったりするのは怖かったし。クリとチクビを軽く触るだけでもすっごくドキドキして

ーー私、えっちな子なのかな?

 とちょっとした罪悪感を覚えちゃてたくらいなのだ。

ーーも、もう、こんな事やめなきゃ

 ハッとした私は、いけない手をムネとコカンから離して、友達のレズプレイをノゾいて自分もコーフンしてしまい、オナニーして気をやってしまったといういたたまれない思いでノゾキ見をやめた。

 だけど始めて経験した強烈なアクメで下半身が猛烈にだるくて、私はすぐにその場を離れることが出来ず、全身にジーンと残る甘い快感の余韻に浸りながら、しばらくボーッと座っていたのだった。

「ノゾいちゃダメじゃん」

 亜美の声が聞こえた時、私は心臓が飛び出るかと思うくらいビックリして、すぐには事態がのみこめなかった。

「しかもオナっちゃってさ」
「ねえ、コーフンした? 理沙ちゃん。もしかして私と一緒にイッチャッタとか?」

 全裸のまま仕切りから身を乗り出して来た亜美と詩子に図星を指されてしまった私は何も言えず、 何ともいたたまれない思いで身を固めていた。

「やっぱ理沙もしてるんだ、オナニー」
「私も理沙ちゃんに見られて、すっごくコウフンしたよ。やだ、ハズカシー」

 ニコニコしながらあっけらかんとそんな事を話す亜美と詩子はちっとも羞ずかしそうじゃなかったけど、2人ともコウフンで全身をピンクに染めているのがとってもえっちなムードをプンプンさせていた。
 
ーー知ってたんだ……

 ノゾいたつもりが、反対にその様子を観察されちゃってたのだ。このショックは大きかった。そしてそれにもましてショックだったのは、 亜美の黒パンツからニョキッと生えたニセのおちんちんがヌラヌラとヌメ光り、そのご立派な姿を見せていた事だった。
 
ーー大きい!
 
 それが目に入った瞬間、私は目をサッと反らしたけど、たった一度だけ経験したボーイフレンドのそれよりずっと太くて長くて胴体にイボイボが刻まれたそのイヤラシイものの残像は私の脳裏にクッキリと焼き付いてしまっちゃったの。

「スゴイでしょ、コレ。おんなじ形のが私のアソコにも入ってるんだよ」

 亜美はまるで私の動揺を見透かしたかのように、その白いニセのおちんちんを手で握り締めて私に見せびらかしながら言った。

「理沙も1人でしてないで、一緒にアソぼうよ。これで可愛がってあげるからさ、エヘヘ……」

 亜美が楽しそうにそう言うと、2人は私ににじり寄って来て手を取り立たせると、仕切りの向こうへと誘った。ノゾキの後ろめたさでうろたえていた私はその手を振り払う事が出来ず、誘われるままにベッドの上に上がらされると、たちまち2人に服を脱がされてハダカにされてしまった。
 
 こうして私は悪夢のような甘美極まりない痴獄へと通じる(うわ、私ってブンガクシャ?)2人のえっちなワナにスッポリとはまっちゃったんだ。

「ヒミツの花園」目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。