スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒミツの花園」1.205号室のヒミツ 1ーH.クリムキ責め


png
 私湯川理沙は、お嬢様学校と言われる女子高に通う花のジョシコーセー。新しく寮のルームメイトになった亜美や詩子とも、すぐ仲良くなって楽しい学校生活を送ってたの。ところがある日、2人がレズってる所を覗き見して興奮し、夢中でオナってたら、バレちゃって。気が付いたら2人に捕まり、ベッドの上に縛り付けられちゃってた。「理沙は今からアタシ達のセックスドレイにになるんだよ」って、ええ~っ!? でも、エッチな道具やらクスリを使って毎日「調教」されてる内に、すっかりクセになっちゃってた。今度は先生も仲間に誘っちゃおうかな?


1ーH.クリムキ責め

「おっぱいもみもみで、少しは素直になれたみたいね。ごほうびにタップリせんずってあげる」

 亜美は私が乳房責めで気をやっちゃった事をうなずいて告白すると、すっかりご満悦で下半身に移動して来たの。

「ねえ詩子。この子せんずられたら大声出ちゃうから、もっかいパンツ食べさせてあげてよ」
「はーい。理沙ちゃん、あ~ん……」

 私が口を開けないのを見ると、詩子は鼻を摘んで無理矢理私の染みの付いたパンツを口に押し込んで来た。

「ごめんね、理沙ちゃん。だけど、せんずられたらすっごく気持ちいいんだよ~ 嫌な事なんかぜーんぶわすれちゃうから……」
 
ーー「せんずる」って!? い、嫌よ!

 そのえっちな言葉の意味がわかっちゃった私は、嫌々と頭を打ち振ってもがいたけれど、自分のパンツを押し込められた口からはモガモガと意味不明の呻きした発することが出来なかった。そして何とか逃げようと力の限りもがいても、両アシを括り付けられた頑丈なベッドがギシギシきしむだけでその拘束はちっとも解ける気配はなかったの。

 これじゃアシを閉じることも出来ないじゃない!長々とおっぱいを弄り回されて忘れてたけど、私のアシは羞ずかしくなる程大きく開かされちゃってて、亜美がそちらへ回り込んで来るだけで、羞ずかしさと同時に顔が真っ赤になってドキドキしちゃってた。

 亜美と詩子のえっちテクはこれまで経験した男の子とは勝負にならないほど上手だった。女の子特有の優しくツボをそらさないおっぱい弄りだけで、2回も信じられないような気持ち良いアクメを感じちゃってた私は亜美のコカンへの愛撫を恐れて慄え上がってしまった。

ーーあのテクをアソコに使われちゃったら……

 私はとんでもない性の奥地へ連れ込まれてしまうのが想像出来て、女の子の本能から恐怖でカラダがガタガタと慄えるのがわかった。だけどホントは何だか熱いものがカラダの奧から込み上げて来てカーッとアソコが嫌らしく疼き始めてたの。それだけじゃない。女の子の一番羞ずかしいオマメちゃんも亜美が近づいて来る気配だけでピーンと固くなって来ちゃった。男の子にアソコを見られた時は羞ずかしいばっかりで、私のカラダがこんなえっちな反応を示すのは初めてだった。もうすっかり私はレズにはまっちゃってたみたい。

「詩子、おっぱい方面は頼んだね。すぐイカせちゃわないように、ゆっくり、優しくね」
「はーい」

 亜美が大きく広げたアシの間をしげしげと眺めて手を出す前にラダを固くさせた私をあざ笑うかのようにそう言うと、詩子が頭の方からえっちに長けた柔らかい両手をさっきまで快感に溺れちゃってた私の巨乳ちゃん(自分で言うか!)に再び伸ばして来た。

「うふっ。理沙ちゃん、ゆっくりもみもみしたげるね~」

 詩子の真っ白で柔らかい肌に吸い付くような感触の手が乳房に掛かり、指マタにチクビを挟んで両の膨らみをゆっくりもみ始めると、私はもう観念するしかなかった。

ーーああ~…… だ、駄目…… 気持ちいいよおっ!

 女の子の手は反則だ、と私は恨めしく思った。触れられただけで抵抗出来ない快感がわき起こってどんなにカラダを固くしようと思ってもガマン出来ないの。特に詩子の手は……大人しいカワイコちゃんが、何でこんなに上手なの!
 
「理沙のアソコ、ピンクでキレイだね……」

 そして亜美の荒い息使いをコカンに感じた私は、それだけで血が逆流するようなすさまじいコウフンを覚えちゃってた。
 
「せんずってあげる」

 亜美はそう言うと、両手で私のその部分をグッと押し広げて来たの。は、羞ずかしいよっ!
 
「フフ、これなあに?」
「ンーッ!」
 
 女の子ってのはこんな時もお上手で、男の子だったらわかるはずのない私の一番感じるクリちゃんをあっと言う間に探り出してしまった亜美が指を軽く触れて来ただけで、私は悲鳴をくぐもらせ腰をビクンッと大きくはね上がらせちゃった。

「いけないクリクリ坊やがコンニチワしてるよ。理沙って結構おっきいんだね、えっち~」
 
 変なこと言わないでよお!普段厳重に包皮にくるまれているはずの超ビンカンなその部分が、コウフンして膨れあがり先っちょをはしたなく露出させちゃってたの。その先端にチョンと触れて来た亜美の指はとても優しくえっちで早くもズキンといけない甘い感覚に突き上げられちゃった私は

ーーもしかしたら

 と言う甘い期待をあきらめるしかなかった。私のアソコはまだ経験も少なく(ホントだって!)、男の子とのセックスでは苦痛しか感じたことがなかったの。特にクリトリスはとても感じ易くて、後から考えるとお笑いだけど、こんなにビンカン過ぎるのは異常かも?なんて思ってた。女の子ってみんなそうなんだね~

 それはともかく、私のクリは本当にビンカンそのもので、夜密かに1人えっちをする時も、よっぽどソフトに触らないとすぐに痛くなっちゃってダメだったの。パンツの上から軽く撫でるのが精一杯で下手するとズボンの上からその部分を触るのも怖いくらい。生理の前なんか、すっごいカラダ中ビンカンになっちゃうから。

 男の子たちで私のアソコをなめてくれる子はいなかったし、指でアソコを愛撫されてもちっとも良くなかった。だって濡れてもないのに、触られても痛いだけだって。下手にクリちゃんに当たったりすると、 それこそ飛び上がりたくなる程痛かったの。
 
 でもなめられたら良かったかと言えば、それはやっぱりダメだったと思うの。デリケートな部分だから私のカラダが閉じちゃってて、ヘタクソにペロペロされたって気持ち悪いだけだったと思う。やっぱりテクもあるけど、その人が好きでカラダを開いてるのがポイントなの。セックスは痛いものだ、っていう嫌悪感を持ったままじゃ、そりゃあ感じないわよねえ~。

 だけど女の子たちのレズえっちは、まずはおっぱい弄りで完全に私のカラダを開かせてしまった。もうこの時点でセックスに対する嫌悪感が半分以上消し飛んでいたの。

ーーアソコを弄られても痛いだけかも知れない
 
 男の子に愛撫されても快感を覚えることのあったムネとは違って、一度もカイカンを経験したことがなかったコカンの愛撫への恐怖も、クリちゃんに触って微妙に慄わせて来る亜美の指1本で雲散霧消しようとしていたみたい。女の子の性感を心得たレズえっちの達人のテクはやっぱりすごかった。

「ついでに皮をムイてあげるね。あれえ?」

 その大切な感覚の固まりに被さった包皮を巧みに指でムキ上げた亜美は意外そうな声を上げていた。

「すぐムケちゃうじゃん。理沙、これは1人えっちのやり過ぎだな」
「へえ、理沙ちゃんもえっちな子だったんだ~」

 カラダの上下から亜美と詩子にそう言われたけど、2人のプレイをのぞいてオナニーにふけっていた私には否定することは出来なかった。実際ボーイフレンドと別れてから悪いクセ(一人えっちの事ね)を覚えちゃった私はオナニーの常習者で、この寮に来てからも実は毎晩ヒソカに指を使っちゃってたのだ。隣じゃ、亜美と詩子がすごい事してたのにも気付かずに……

「すぐクリクリがムケちゃうのがその証拠だな。ほら、こうされたら、どお?」

 亜美の指がクリトリスの包皮をムキ上げたり、戻したりをゆっくり繰り返して来ると、私は次第にそのえっちそのもののミダラな感触のトリコになり、腰は気持ち良さでワナワナと慄えが止まらず、詰め込まれたパンツをきつくかみ締めた口からは火のように熱く乱れた吐息が洩れ始めちゃってた。

ーーああ…… そんな風にされたら…… ううっ! す、すごく、気持ちいいっ!!

「クリムキが気にいったみたいじゃん。ほら、もうビチョビチョだよ」

 乳房責めで2回気をやっちゃってた私のアソコはまだ直接触られる前から濡れちゃってたけど、詩子がおっぱいを揉み亜美が「クリムキ」して来るたびにドクドクと新たにえっちな汁を滴らせちゃうのを、もうどうしようもなかったの。
 
 ああ、亜美の指がまたクリンと皮をムイて来た。
 き、気もちいいよおっ!
 本体にはあえて触らず、包皮のムキ上げムキ下げだけで、どうしてこんなに感じちゃうんだろう?ほんのわずかクリの本体が包皮に擦れる感触がものすごくイイ!これが女の同士のえっちテクの素晴らしさだった。鋭敏過ぎるクリトリスに直接タッチせず、じっくり時間を掛けてこってりとカイカンを味わわせるのだ。いつしか私のクリちゃんはどんどん膨らんじゃったみたいで、ピーンと石のように固い尖りが羞ずかしい程コウフンしてそそり立って行くのをどうしようもなかった。

 その羞ずかしい膨らみに亜美がフーッと息を吹きかけて来た。私はその瞬間カラダをピーンと弓なりに反らせながら、亜美の顔に無意識にグイッと腰を突き上げて「おねだり」するようなメチャクチャ羞ずかしい反応をしちゃったの。

「そろそろナメたげようか、理沙?」
「ねえ、クリちゃんをナメて欲しいのかって聞かれてるんだよ、理沙ちゃん? お返事しなきゃ」

 亜美の言葉に私は一瞬ためらったけど、詩子がおっぱい揉みの手を一時休めて耳元でこう囁くと、もう何も考えられずガクガクとうなずいちゃってた。 

「ヒミツの花園」目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。