スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒミツの花園」2.セックスドレイの誕生 2ーL.カンチョウの儀式(2)


png
 私湯川理沙は、お嬢様学校と言われる女子高に通う花のジョシコーセー。新しく寮のルームメイトになった亜美や詩子とも、すぐ仲良くなって楽しい学校生活を送ってたの。ところがある日、2人がレズってる所を覗き見して興奮し、夢中でオナってたら、バレちゃって。気が付いたら2人に捕まり、ベッドの上に縛り付けられちゃってた。「理沙は今からアタシ達のセックスドレイにになるんだよ」って、ええ~っ!? でも、エッチな道具やらクスリを使って毎日「調教」されてる内に、すっかりクセになっちゃってた。今度は先生も仲間に誘っちゃおうかな?



2ーL.カンチョウの儀式(2)

「もうおカンチョウが効いて来たみたいだね」 
 
 亜美は私のおなかがギュルルル~と嫌な音を立てたのを聞き逃さずそう言ったのだが、イッチャッタばかりの私のクリをまだ摘んだままの指がたまらなかった。 
 
 イヤよ、もう離してえ!

 ソコはやっぱりどんな女の子にとっても一番の急所なのだ。だけど女の子同士だけにそんなことは十分承知とばかりに、亜美の指はイッタばかりで感じ過ぎる私のクリをビミョーに刺激して私をえっちな気持ちから逃がしてくれないの。 

「んん~っ!」

 さらに私の唇を吸ったままだった詩子まで、おっぱいに被せてた両手のアイブを再開して来て、私は塞がれた口で呻き声を発していた。そして亜美が私のアソコに入れた指まで動かせ始めると、ギュルルル~~ッッとさっきよりもっと大きな音が出た。

「ウンチ洩れそう?」

 そんなこと言えないよ!
 
 私はもうハッキリ便意の訪れを感じてたのだけど、黙っていた。しかし亜美は別に私の返答はどうでも良かったらしく、一旦私のカラダから離れて妙な器具を持って来た。

「洩れないようにフタしといたげる」

 おそるおそる下の方を見やると、それは真ん中がプックリと膨らんだゴムプラグのような物だった、
 え? フタって、まさか……

「オシリのフタだよ~」

 それはカンチョウした女の子にウンチをガマンさせる、アヌスプラグと言う道具だった。入れる所は細長くてツルッと入ってしまったのだけど、どんどん太くなって来て入れるのも一苦労みたいだった。どうやらこの太い部分でウンチをせき止める物らしい。亜美がさらにグッと一押しして押し込めると、太い部分が完全にオシリのアナに入り込んでしまい、そのきつい圧迫感と違和感、そして苦痛で私は眉をしかめていた。

 だけど、その程度のは気にならない程強烈な苦痛が待っていたの。またしてもギュルギュルと不快な音がしたかと思うと、猛烈な便意が込み上げて来た。だけどストッパーがキッチリフタをしてるので、
出てくれない。するとまるで腸が捻れるような痛みが襲って来たのだ。

「い、イタイ……」

 私は力一杯詩子の唇を振りほどくと素直にそう口にしていた。とてもガマン出来ないくらいの痛みだったのだ。

「理沙ちゃん、痛いの? 大丈夫?」

 唇を外された詩子は怒るどころか心配そうにそう言ったけど、亜美はやっぱり冷酷だった。

「大丈夫よ。女の子のカラダは痛いのもカイカンになっちゃうんだから、見ててごらん。でなきゃ子供なんか産めないよ~」
「そんな! ガ、ガマン出来ません……」

 私の必死だったけど、次の言葉に、ウッと口ごもってしまった。

「じゃあ、ここでウンチするのね。洗面器持って来てるから」

 ああ、そんな、ひどい……

 だけど次に津波のように訪れた便意はますます猛烈に荒れ狂うばかりで、私はもう意を決してコクリと頷くしかなかった。

「……はい」
「残念でしたあ。ダーメ!」

 ひ、ひどい!
 おなかが裂けちゃうよお!!

 だけど、その鬼畜のような責めを受けることで、私の中の何かが目覚めてしまう気配があったの。

「気を紛らせてやろうよ。詩子、キスしておっぱいモミモミ続けてやって」

 ああ、ま、又だ。詩子が私の唇を奪い乳房の愛撫を再開して来た。そして亜美はクリとアソコを上手にイジり回して来る。

「はい、ここもサービス」

 うおおお~っっ!!

 口が聞けてたらそう淫声を張り上げちゃったかも知れない。亜美がアヌスストッパーの外に残った部分を何やら操作すると、ゴムプラグ全体がジーッと激しくバイブを始めたのだ。

 こ、これは……とんでもなく気持ちいいっ!

 こうして私は断続的に繰り返される強烈な痛みと、それと裏腹にどんどん心地良くなって来るカイカンとで、わけがわかんなくなってしまった。 

「苦痛までカイカンになる」なんて信じられなかったけど、ホントだった。津波のような猛烈な便意で内蔵がちぎれるような苦痛にのたうち回ったかと思うと、それが引いてから訪れる至福の時は反比例するように素晴らしかった。

 おっぱい、チクビ、アソコ、クリちゃん、そしてオシリノアナまで、どこもかしこも溶けてなくなっちゃうんじゃないかと思うほど気持ちいいの。

 もしかしたら何度かイッタかも知れないけど、天国なんだか地獄なんだか、もうわけわかんなかった。(笑)
 
 そして「カンチョウの儀式」も終わりがやって来た。

「あ~っ、もう無理だね~ チョロッとウンチが洩れて来たよ」

 とうとうガッチリ嵌ったストッパーの脇から汚物が溢れて来たらしい。

「それじゃ、引っこ抜くよ~」

 亜美がカンチョウ道具を入れて来た大きな洗面器を持って来て、私のオシリの下に当てがうと、ストッパーをゆっくり引き抜いた。
 
 ああ~! 

 私は2人の目の前で排泄させられる屈辱より、ようやく凄まじい苦痛から解放される安堵感で一杯だったけど、感心するのは、この期に及んでもこの2人、私のカラダを弄ってカイカンを与えるマメさを忘れないことだ。これが男の子だったらどんな女の子もメロメロにしてしまうセックス上手だろう。

ーー実際の男の子は、私の数少ない経験では、自分の方が興奮してしまってダメみたい

 詩子はますます情熱的に私の唇をきつく吸い上げ、おっぱいを揉む手に力が入って来た。亜美の方もツボを反らさぬ巧みさで、女の子の大事な部分をネチネチと弄り続けてる。

 うあああ~っっっ!!!

 とうとうおなかの中に熱くたぎる溶岩のようにたまってた汚物がドドッと奔流のように溢れだし、それと同時に私はカラダがバラバラになるような強烈なアクメに昇り詰めてしまってた。

 その後亜美は、うう、くさいくさい、といいながら洗面器の処理をしに行き、詩子は、いっぱい出たね~と、汗と涙でグショグショになった私の顔をのぞき込むと、ティッシュペーパーでコカンを処理してくれた。

 羞ずかしいオシリノアナの中に入り込んだティッシュを巻いた詩子の指がクイクイと深い箇所まで抉るようにして蠢くのが、何だかとても不思議な異世界の出来事のように思えた。

 ああ、もう、まともな世界に戻って来れないかも……

 だって、オシリの中ウンチの始末でクニクニされるのが、もうどうにもなんないくらい、気持ちいいんだもん。私は凄まじい屈辱と引き替えに与えられたこの世のものとも思われないカイカンの余韻に浸りながら、カラダもココロもこの子たちのセックスドレイとして生まれ変わりつつあるのを感じていた。

「ヒミツの花園」目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。