スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ヒミツの花園」4.レズ調教の虜 4-C.イケないリモコンバイブ


png
 私湯川理沙は、お嬢様学校と言われる女子高に通う花のジョシコーセー。新しく寮のルームメイトになった亜美や詩子とも、すぐ仲良くなって楽しい学校生活を送ってたの。ところがある日、2人がレズってる所を覗き見して興奮し、夢中でオナってたら、バレちゃって。気が付いたら2人に捕まり、ベッドの上に縛り付けられちゃってた。「理沙は今からアタシ達のセックスドレイにになるんだよ」って、ええ~っ!? でも、エッチな道具やらクスリを使って毎日「調教」されてる内に、すっかりクセになっちゃってた。今度は先生も仲間に誘っちゃおうかな?


4-C.イケないリモコンバイブ

 女子寮の廊下を、チビッコの亜美を先頭にちょっとおデブな私を挟んで背の高い詩子と3人が縦に並び、押しくらまんじゅうみたいに前後にカラダを密着させて歩いて行くのは恐ろしく刺激的だった。私は亜美に首輪をチェーンで引っ張られてるのがバレないように、もうノーブラのおっぱいを彼女の背中に押し付けるみたいにしてもたれ掛かり、さらに背中で両手を括られてるのがバレないように持たされたカバンを妙に大事そうに後ろで持ってんだけど、どっちかバレただけでも「ヘンタイ」だって噂が立っちゃうよ~。すれ違う他の子達の好奇の視線を感じるたびに、私はどきどきとすごくコウフンしちゃうの。

 それに加えて、ハズカシイ超ミニスカの下に今朝着けられちゃった「ワンちゃんグッズ」がメチャメチャ刺激的なの。だってイボイボだの青筋だの、女の子のおマタの前後のえっちな2つの柔らかい穴の中を気持ち良く刺激するための仕掛けが付いた、双頭型の「おちんちん」とアナルバイブ付き「シッポ」がアソコとお尻の穴に入り込んでんだよ!何もしないでも中でお互いに圧迫してとても気持ちいいってのに、歩くとズリズリ擦れちゃってたまらない。そしてイジワルな亜美と詩子は前後から堂々と私のミニスカに手を入れて、「おちんちん」と「シッポ」を軽くナデナデして来るの。するとバイブまで少し掛かってしまうんだもん、何度しゃがみ込んでよがり声をわめき散らしながら派手にイッチャいたい、と思ったかわかんないよ。ああ、もう……これはクセになっちゃうね、絶対。ヘンタイだって? いいよ、もう。私この子達のセックスドレイだし、認めちゃうよ、「ヘンタイ」だって。

 だけど、私の前後のカワイコちゃん2人だって立派な「ヘンタイ」だ。私にオシッコの始末してないアソコをナメさせて、歓んでイッチャウんだもんね。今だってこの子達のミニスカの中には、私と同じような「おちんちん」を生やしてるんだよ。私達、「ヘンタイレズ仲間」って感じかな?

「お早う」
「あ、お早うっ!」
「お早うございます」

 食堂にたどり着くまでに、私達と同じクラスの子があいさつして来た。彼女は食事を終えて学校に行く所らしく、私達と逆に歩いててすれ違ったのだ。亜美は元気良く、詩子はていねいにあいさつを返し、私もつい、お早う、と言ってしまった。部屋から出れば、いいよね、もう。ホントに「イヌ」になっちゃったわけじゃないんだし。

 でもそれは甘かった。え~ん、亜美と詩子が、ダメっ、と私を可愛らしい怒り顔を作って睨むと、クイッて「おちんちん」と「シッポ」を引っ張ったの。たちまち前後のバイブが強くなって、立ってらんなくなった私は、亜美の背中に完全にもたれ掛かってた。

「どうしたの、大丈夫?」

 余りにも奇妙な様子を見せる私達に、その子は心配そうに声を掛ける。大丈夫だから、早く行ってよお~。

「うん、理沙がこないだから、持病が悪くなっちゃってさ……」
「そうなの。理沙ちゃん、時々発作起こしちゃうの……」

 コラア! 人を勝手にビョーキにするなあっ!

「あ、そういや……」

 その子はそこまで言うと、何だか申し訳なさそうに含み笑いをした。詩子が言った。

「理沙ちゃん、お洩らししちゃったかも知れないから。ごめんね」
「そうなんだ~ お大事にね」

 ああ……昨日クラスで黒板に出た時リモコンバイブ責めに合って人事不省になったのをみんなに見られちゃったのだ。亜美と詩子は、私が発作を起こすとおかしくなって、失禁までしてしまう奇病だとみんなに説明したんだろう。何てハズカシイ病気なんだ!……まあ、発作を起こすと気をやっちゃう病気、よりはましだけどね。真相はそっちが近いけどさ。キャッ、ハズカシ……

 ふと気が付くと寮の食堂からは、朝ご飯を食べ終えた子達が次々と出て来てて、今からご飯を食べに行くなんてのは私達くらいだった。つまり時間が遅過ぎるのだ。良い子はもう食事を終えて学校に行かないと遅刻しちゃう。私はこの状況を見て、学校に行こうよと2人に目で訴えたんだけど……

「朝ご飯を食べないのは悪い子だよ」

 食いしんぼの亜美はもちろん朝抜きなんて気は全くないらしい。あーん、私手が使えないのに、どうやって食べんのよ……

「理沙ちゃんにもちゃんと食べさせたげるね」

 私のそんな気持ちが伝わったのか、詩子がそんな事を言って、結局私達は遅刻しそうな時刻で、食堂のおばちゃんに睨まれながらも朝食を食べる事にしたのだった。おばちゃんはとっても気さくで良くしゃべる楽しい人だけど、女の子のしつけには厳しく口やかましい。私達が3人ともはしたないミニスカをはいてるのも、さっそく怒られた。

「まあ、何でしょうね、そのスカートは! 先生に怒られないのかい?」
「ぜーんぜん。ダイジョブ、ダイジョブー」

 亜美はしれっとそんな風にかわす。そんな事ないよ。担任の先生に見つかったら大目玉食っちゃう。実際昨日も放課後呼び出されて注意されちゃったし。

「そうかい。それじゃあ、遅刻しないように、さっさとお食べ」
「はい、ありがとうございます」

 詩子がニッコリ笑ってペコリと頭を下げると、おばちゃんは苦笑いしながら3人分のご飯と味噌汁をよそってくれた。おかずはセルフサービスで、残っている物を適当に持っていくのだ。今日は遅刻しそうだしスカートもいつも以上に短いけど、私達はいい子だからおばちゃんもそんなに文句は言わない。でも私が手を使えず、亜美と詩子が私の分までテーブルに持って行くのをおばちゃんは不思議そうに見てた。この首輪と後ろ手縛りがバレやしないかと思うと、もうドキドキもんだった。

「理沙、口を開けな」
「はい、理沙ちゃん、あーん」
「何やってんだい。急ぎなさい!」

 私の左右に座った亜美と詩子が、自分達も食べながら、手を使えない私の替わりに食べさせてくれるんだけど、おばちゃんは遅刻しそうなのにチンタラしてる私達が気が気でないようだった。

「新婚さんごっこしてるんです」
「あらまあ……」

 おばちゃんは少し離れた厨房の中から声を掛けて来てるし、広い食堂の中はもう私達だけだった。おばちゃんが亜美の弁解に呆れたけど、諦めて食器洗いを始めたのを見た2人は、ここで私にイラズラを仕掛けて来た。亜美の手がテーブルの下から私のミニスカの中に伸びて「おちんちん」をソッと掴んで来ると、すぐにバイブが掛かって私は口の中の物を吐き出してしまいそうなくらい感じてしまった。

 うああ、き、気持ちいい!……亜美ったらとってもお上手なの。決して力を入れずにサワサワと撫でるようなソフトタッチの触り方なんだけど、これが何ともたまらなかった。「おちんちん」をサワサワしながら「あ~ん」って亜美がご飯を食べさせてくれると、ホントに彼女のダンナ様になったみたいな幸せな気持ちになったの、亜美はガサツそうに見えてホントは良く気の利く家庭的な子だ。その上かわいくてえっちも上手と来たら、将来結婚する男の人は幸せだろうな、なーんて思っちゃった。ああ、いいよ、いいよ、亜美。会社に遅れてもいいから、一発しちゃおうか。ナーンチャッテ。
 
「りーさちゃん。私からも、はい、アーン」

 ひいーっっ!! 今度は詩子が食事を私の口に運びながら、「シッポ」をギュッと掴んで来た。すぐに作動するアナルバイブの快感が、「おちんちん」の心地良さと共鳴して、私はとうとう本当に口の中の食べ物を吐き出してしまい、同時に絶頂にも達していた。

「あらあら、何やってんだい、あんた達。もう新婚さんごっこなんかやめて、真面目に食べなさい」

 うう……おばちゃんに見られちゃったのかな……

 私は凄まじいスリルと興奮に包まれたアクメの余韻にたゆたいながら、亜美と詩子が私の吐いた食物をキレイにしていくのをただ眺めている事しか出来なかった。

「服装の乱れは心の乱れと言います」

 今朝のSHRでも私達の担任の横山麻美先生は凛としたよく通る素敵な声で、そんなお説教を始めていた。麻美先生はとても美人で生徒思いのいい先生だから、みんな私語1つせずその何度も耳にしたようなお説教にマジメに耳を傾けている。うう、すっごく耳が痛いよ!

「なのに最近スカートを短くしている人がいるようです。湯川さん、ちょっと立ってごらんなさい」

 ひええ~! いきなり指名されちゃったよ……仕方なく私が立つと、みんなわかっちゃいただろうけど改めて見る私の、フトモモモロ出しパンツチラチラ、みたいな激ヤバスカートの嫌らしさにざわつき始めていた。普通のパンツははいてない(きゃっ)から見られないけど、ピタッと貼り付いた黒革パンツと、その前後のメチャヤラシイ「ワンちゃんグッズ」が見えやしないかと思うと心臓が爆発しそうだ。

「こちらへ来て、みんなに見てもらいなさい」

 うう、そ、そんな……これは最悪の展開だ。麻美先生は私に注意するだけじゃなくて、他の子にもミニスカを戒めるつもりで何の気なしにそう言ったんだろうけど、私はまるで憧れてる素敵な先生が辱めのバツを与えると言う露出プレイを強要して来たかのような、アブない妄想に囚われちゃったの。ああ、先生、ごめんなさい。私こんなミニスカはいちゃう悪い子なんです。死にそうにハズカシイけど……もっとイジめて!

 そう思うと股間のえっちな「ワンちゃんグッズ」がますます存在感を増して、私のカラダをトロかせて来ちゃう。さっき解いてもらった両手を、へっぴり腰になってミニスカの前後を隠すような超ハズカシイ姿勢で歩きながら、アソコとお尻の中でズリズリ擦れ合うイボイボと青筋の余りの心地良さに、私はフワフワと天国を浮揚してるような異次元の快楽を味わってたの。

 しかも今はそれだけじゃないの。学校に着くや否や私はトイレに連れ込まれて、おっぱいには例のトレーニングベルトを巻かれてチクビにピトリと当たるリモコンローターを貼られてしまい、さらにクリちゃんにまで同じようなえっち器械を装着されちゃったのだ。しかも貼られる前にはあのえっちなクスリまで垂らされちゃったんだよ。

「さあ理沙立ちな。試運転だよ」

 まだその時は手を縛られてた私は、立ってから亜美がチクビのローターを動かして来ると、はああ~とトイレの個室の外に洩れちゃいそうな大声を発してくなくなとメチャクチャに嫌らしく上半身を揺さぶってしまってた。ヤバイ、いつも以上にカラダ中が感じ易くなっちゃってる!下手するとこれだけでイッチャイそうだ。

「理沙ちゃんいいな。とっても気持ち良さそう。じゃあ私は、こっちにプレゼント」

 それ、いらないよ、詩子!!

「ああんんんっっっ!!! いくううううっっっっ!!!」

 クリちゃんのローターが動き始めると目も眩むばかりのキョーレツな快感に、私は呆気なく達してしまい、どうしようもなくしゃがみ込みながら大声で絶叫してたの。

「ダメなイヌだなあ~」
「そんな言葉使うたびにお仕置きよ」

 うう、あの約束はまだ生きてるのか。学校なのに、人間の言葉を使っちゃいけないなんて、私それでやっていけるんだろうか……

 さて、そんな物まで着けられちゃったもんだから、動かなくてもチクビとクリちゃんにピトリと当たってるローターのえっちな感触も、私を苦しめていた。動かないで、お願い!

「さあ、皆さん。湯川さんの格好をどう思いますか」

 麻美先生はみんなの前に私を立たせると、昨日注意したばかりなのに懲りずに超ミニスカをはいてる私に、コラッと怒り顔を見せた。ごめんなさい、先生。私だってこんな格好ホントはしたくないんです……さっきまでざわついてたクラスはシーンと静まりかえっちゃって、みんなが固唾を飲んで私のはしたない中の見えそうなミニスカに注目してるのがよくわかる。ハズカシイよ、もう死んでしまいたい、マジで……

「スカートが短か過ぎると思いまーす」

 おいおい、よく言うよ、亜美。でもそのまま沈黙が続いたら凄まじくいたたまれなかっただろうから、ある意味ありがたかったけどさ。

「和田さん、あなたも人の事は言えませんよ」
「あ、すいませ~ん」

 亜美はそう頭を掻いてクラスにはクスクス笑いが起こった。ありがとう亜美。ちょっとだけ晒し者の苦痛から免れたよ。えっ!? 亜美ったら先生に言われてアッサリ巻き上げてミニにしてたスカートを普通に戻してるの。ずる~い。私だって戻したいのにい!

「湯川さんもスカートを巻いてるのなら、すぐ戻しなさい」

 ああ、麻美先生が当然そう言って来た。勝手にスカートを戻してもいいのだろうか? 絶対お仕置きが来るだろう。でも堂々と先生に刃向かえるような度胸があるわけないし、私はそんな悪い子じゃないもの。先生に言われてるんだから、いいよね。そう思って私がスカートを戻し始めると、やっぱり「お仕置き」なんだろう。チクビのローターがリモコンでジーッと慄えて来た。ああ~っっ!!スゴイ!!……私はチクビだけでこんなに感じちゃう子にされちゃった2人のレズ調教を恨めしく思いながら、取り乱さずにスカートを戻すので精一杯だった。

「そうですね、そのくらいの長さにしておきなさい」
「はい……」

 先生がそう言うと、私はつい答えてしまった。だって黙りこんでちゃ、すっごく先生に失礼だもん。あ、でも大丈夫なのかな? 私がホッとして、チクビの気持ち良さに気もそぞろになりながら教壇を下りようとしたその瞬間。

「アーッッッ!!!」

 詩子のバカ! イジワル! 私がホッと気を緩めて席に戻ろうとしたスキを狙って、クリちゃんの「お仕置き」バイブがウィーンって襲い掛かって来たの。さっきトイレの中でさえ我慢出来ずすぐにイッテしまったその刺激を、クラスのみんなと先生が見てるこんな所で与えられたんじゃたまったもんじゃない。私は頭が真っ白になっちゃって、恥も外聞もなく大声でえっち声を張り上げると、アソコを手で抑えてその場に崩れ落ちてしまったの。

「湯川さんっ!」
「理沙っ!」
「理沙ちゃんっ!」

 他の子達は呆気に取られて動けなかっただろう。麻美先生は本当に心配し、亜美と詩子は心配するフリを装って(ひどいな、もう!)駆け寄って来た。私は凄まじい快楽の余韻と興奮で頭を痺れ切らせながら、ジョーッとお洩らししてしまった生暖かい液体をまともな丈に戻ったスカートの中に感じていた。

「ヒミツの花園」目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。