スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「桜の園」第5章深窓の令嬢の狂乱~立花美幸 5-18.5月9日(火)7凶弾

桜の園
 金持ちの子女が集う私立桜園高校の経営者で校長の桜園五郎は、皆に敬慕される人格者で地元の名士だが、巨根で若い女性のアナルに執着するSM愛好家だった。死病に冒された彼は、何人もの若く美しい女性が喜んで差し出す尻を並べて犯したい、と言う男の夢を実現するために、一癖も二癖もある性技に長けた男達を学園に集める。狙いを定めた7人の美しい女生徒と教師を同意の上で性奴隷に堕とし、鍛え上げた尻穴を校長に捧げさせる、壮大な「性奴隷プロジェクトの幕が今切って落とされたのだ。


5-18.凶弾

 拘束され媚薬で疼き上がる美麗な肉体を性奴隷プロジェクトの男達に群がられ、思いを果たす寸前まで高められては突き放される、いわゆる「寸止め」に精神を崩壊させた美幸は、ついに性奴隷となる事を承諾したのだが、彼女に恨みを持つ巧の差し金で隣室から父親が入って来ると聞かされて、もう頭がついていかずパニック寸前であった。慌てふためいた様子を見せる美幸を見て酷薄に笑いながら、巧が言う。

「お前はな、自分のエロ親父に性奴隷として売られたんだよ、わかったか!」
「これこれ、そのような酷い物言いをするでない」

 たしなめるように校長が話し始めると、いよいよ隣ののぞき部屋で「接待」に励んでいた舞子に先導された性奴隷少女達と、存分に精を抜かれて楽しんだ、美幸の父親真が入室して来た。

「まだお若いお嬢さんに理解しろ、と言うのも無理な話じゃが、これも立派な愛のかたちなのですぞ。性奴隷として男性にかしずく。さすれば男性の方もその女性を精神的肉体的に歓ばせるべく、精魂込めて調教してさしあげましょう。貴女はただその美しい体を捧げ、この上ない快楽に身を任せて下さればよろしいのです。貴女のお父様とお母様も、そのような幸せなご関係。そして、愛する娘の貴女にも男性に隷属する幸福を体験させてやりたいと、我々に性奴隷調教を依頼されたのです。ですから遠慮なさる事はございません、お嬢様」

ーーい、一体、何を言ってるの? 校長先生は

 そんなSM哲学など美幸に理解出来る筈もなかったが、桜園校長の言葉を裏付けるがごとくに、舞子を皮切りに性奴隷女達が口を開き始めた。

「その通りなのですよ、立花さん。私達は皆、校長先生を初めとする男性の方々に日々調教して頂いている、桜園高校の性奴隷。初めはとても辛くて恥ずかしかったけれど、今はもう性奴隷である事に誇りを持ち、安心して男性方に身を任せて素晴らしく充実した幸せを感じているのですよ。そうですね、みんな」
「はい、その通りです。私達幸せよ、美幸さん」
「一緒に性奴隷になりましょう」
「美幸さんなら絶対立派な性奴隷になれるよ。だって、こんなにキレイなんだもん」
「心配しないで。絶対悪いようにはなりませんから」

 彼女達の最後尾にいた真は、性奴隷女達の言葉を聞いて、やはり危険な宗教の狂信者みたいだな、と言う感想を禁じ得ず、今さらながら桜園校長に美幸の性奴隷調教を依頼した事の妥当性にやや疑念を抱いていた。

ーーこの子達、本気でこんな事言ってるのか? やっぱりヤバい感じがするな。だが、もう後戻りは出来ない、ふう、それにしてもこんなに出したのは久しぶりだな

 真は性奴隷女達の母乳を吸いながら、他の女に股間を手でしごかれ口で吸われて二桁近い射精に導かれていたのだ。だが、人間離れした性欲を誇る彼の股間はそれでも岩のようにガッシリと根を張った巨大な勃起を保っていた。さすがにほとんど精液は出なくなっていたが、それでも治まらない肉棒は、この後実の娘の処女を奪う野望を実現する執念に凝り固まっているのである。奴隷女総掛かりで彼の精を完璧に抜き取る企みは失敗していたわけだが、当の女達は彼の異常な精力に畏敬の念さえ抱き、又大いに興奮して真っ赤に美貌を染めていた。

「よし、お父ちゃんや友達も来た所で、性奴隷になる事を誓うんだ、立花」
「そんな!」

 体中を荒れ狂う欲情の嵐に負け、性奴隷となって男たちに疼く肉体を慰めてもらう覚悟を決めていた美幸だが、最愛の父親が関わっていた事を知って大いに動揺し、言葉を詰まらせた。すると校長が真に言う。

「本当の事をハッキリ言い聞かせてやりなさい、立花君」
「は、はい。いいか、美幸。校長先生たちのおっしゃった事は全て本当だ。わしが皆様にお前の性奴隷調教をお願いしたんだよ。男に全て服従してかわいがって頂く事こそが、女の幸せだからだ。パパとママも、そうやって愛し合ってお前が生まれたんだ。だからお前も全てを皆さんにお任せして、立派な性奴隷として調教してもらいなさい」
「オラッ! お父ちゃんもああ言ってるぜ。今から俺が教えてやる通り、言葉にして言ってみな。そしたらすぐに、天国に行かせてやるからよ」

 最前まで恋人同士であるかのごとく口付けを交わしていた巧にけしかけられた美幸は、まだ心の整理が付いていたわけではなかったが、「おあずけ」を喰らって今か今かと解放を待ち望む肉体の疼きは最早限界であった。男たちは皆美幸の優美な肉体の各所に手を触れただけで待機し、彼女の性奴隷宣言を待ってから慰めてやろうと待ち構えているのだ。だが、酷薄な巧が囁いた言葉の下劣さに、お嬢様の真っ赤に染まった美貌が一瞬引きつる。

ーーそ、そんな事言わなくちゃならないの!? あり得ないわ

「早く言えっ! 言えるまではおあずけだ。皆さん、手を放して、コイツがその気になるまで待ちましょう」
「待って下さいっ! 言います、言いますからっ!」
「よしよし、いつまでも気取ってんじゃねえぞ。もう一度言ってやるから、復唱しな」

 巧に再度ささやかれた言葉を口にしながら身も世もあらず羞恥の極みにある様相を見せるお嬢様の可憐さに、一同は感動すら覚えていた。

「美幸は、えっちが大好きで、恥知らずな、スケベ女です。どうか、皆様のせ、性奴隷として、かわいがって、下さいませ。お、オッパイを、もみもみして。おまんこと、オシリを、クチュクチュして、下さい」
「よし、良く言った!」
「まあ、待ちなさい」
「ああんっ! は、早くう!」

 体内で荒れ狂う猛烈な欲情に負け、ついにはしたない性奴隷の口上まで述べてしまったお嬢様を慰めてやろうとした一同は、桜園校長がストップをかけたのに驚いて手を動かさず、美幸はもう恥も外聞もなくおねだりしてしまう。

「ここはやはり父親の顔を立てねばなりませんぞ。立花君、これから娘さんの性奴隷を始めます。よろしいかな?」
「は、はい、もちろん」
「お、お父様! 美幸はもう駄目です。ああっ! 本当に頭がおかしくなりそおっ!」
「美幸! 皆さんにしっかりかわいがってもらいなさい」
「それでは遠慮なく」
「はおお~っっ!! い、いきますうううっっっ!!!」
 
 ようやく早熟な体に掛かった手が動き始めると、媚薬に蕩かされ存分に「おあずけ」を喰らっていた美幸は、慎ましく優美な完璧なお嬢様ぶりをかなぐり捨てて、歓喜の咆哮を放つ。

「何だ、ちょっと弄ってやったらいきなりイクのかよ。お嬢様がザマあねえな」
「遠慮なくイキまくればよかろう」
「美幸ちゃん、柔らかいオッパイだねえ。ホラホラ、いろんな事してあげようね」
「ホッホッホ。これだけ感じるようでは、バージンを卒業させてやらねばなるまいの」
「ま、待って下さい!」

 群がる男達の巧みな愛撫の前に、盛大な潮を噴き上げながら次々に極めていく愛娘を眺めていた父親真は、いよいよ処女喪失の話を倉沢が持ち出すと、慌てたように言った。だが、一人美幸の愛撫にも入ってもいない桜園校長は、余裕釈然とした様子である。

「心配は不要じゃよ、立花君。性奴隷になった娘さんには、破瓜の儀式と言うものを行う。いきなりバージンを奪ったりする事はあり得んから、しばらく見ておりなされ。飯川先生」
「はい」
「立花君にはしっかり接待されましたかの?」
「え、ええ・・・・・・」

ーーこの人バケモノだわ。あんなに出させてあげたのに、たぶんまだ・・・・・・

 立花真の精を絞り尽くして娘のロストバージン役になろうなどと思わぬようにする「接待」に励んでいた舞子は、まともな人間では考えられない真の怪物級精力絶倫さに辟易としており、言葉を濁した。真を良く知っている桜園は舞子の様子から察して言う。

「破瓜の儀式に入るまで、まだ接待を続けて差し上げなさい。女の子達も一緒にね」
「はいっ!」
「わかりました」
「立花君も異論はないな」
「は、はあ、もちろん」

 今度は処女なのに疼く体を慰められて派手に気をやり続けている娘の前で、その先生や同級生少女達に性の奉仕を受けると言う提案に、さすがの真も少しためらいを覚えたが、女好きの彼にとってこの世の天国のようなハーレム奉仕を断るいわれはなかった。真がさっそく又性奴隷達の乳房にむしゃぶりついて母乳を吸い、股間に群がる女達の手や口に無尽蔵に思われる精を吐き出し始めると、美幸の唇を吸いネッキングに励んでいた巧はマジックミラーの向こうに合図を送る。真が潜んでいたのと反対側の覗き部屋で、悶々と自らを慰めながら出番を待っていたのは、美幸に道ならぬ恋心を抱くお抱え運転手のタクである。
 
ーーああ、お嬢様! くそう、あいつら好き勝手しやがって。しかも真様は女の子達に囲まれてハーレムかよ、何と言う事だ

 ただ一人カヤの外に置かれて、音が聞こえないため察するよりない隣室の状況が、思いを寄せる美幸と父親真を中心にした酒池肉林状態に見えていたタクは大いにヤキモキしていたのだが、巧の合図を受けてようやく部屋の中へ出陣しようと出向いて行く。絶対的な権力を持つ当主であり、同国人の自分に対しては残忍無比である真と、美幸の処女喪失を巡って対立などすれば間違いなく死を覚悟しなければならないだろう。タクにとっては正に命を賭けた「出陣」であったが、真の不興を買えば生きていく事さえ叶わない使用人のタクにとってはしかし、美幸お嬢様はそれだけの価値のある「高嶺の花」であった。

ーーお嬢様。タクは、この命を捨てて真様から貴方をお守り致します。実の父親などにバージンを奪われる事など、決してあってはならぬ、人の道に外れた行為でございますゆえ・・・・・・

 もちろんその役目は自分が替わりに、と言う願いはあるのだが、愛娘の美幸を性奴隷として引き渡し、自分は美しい女達に奉仕されている真を見ていて、本来恩人であるべき当主に対する憎悪がタクの中では燃え上がっていた。そしていよいよタクが到着した時には、美幸に対する「破瓜の儀式」が執行される準備が整いつつある決定的な場面であった。美幸のアナルを開いて舌を這わせ、その部分の感受性も十分である事にホクホクしながらも桜園校長は冷静であり、タクの到着時間を計算して場を取り仕切っていたのである。

「さて、もう存分に思いを遂げられましたかの、立花のお嬢さんや」
「オラッ! 答えろ、立花。お上品に取り繕ってたくせに、ど派手にイキまくりやがって、満足したか? と聞かれてるんだよっ!」
「はい」

 二桁を優に超える連続絶頂を迎えていた美幸は、巧の乱暴な問い掛けに、真紅に染まった美貌に可憐な含羞を匂わせながらも、ハッキリとそう口にした。巧緻な愛撫を続けていた男達もその時が来たのを察知して皆手を引く。

「では貴女を桜園高校第6号の性奴隷として歓迎するための儀式を行いますよ。よろしいですね?」
「はい・・・・・・」

ーーああ、一体何をされるのかしら? でも、もうどうなったっていいわ。こんなに気持ちいいんですもの、もう何も考えられないくらい・・・・・・

 父親の手によって投与された媚薬によって恐ろしく疼く体を、焦らされた挙句に慰められた美幸は、この世のものとも思えぬ強烈な歓喜の連続で備えも構えも全て剥ぎ取られてしまい、体ばかりか心までも男達に隷属する気分に染まりつつあったのである。そのため美幸は素直にコクリとうなずき、「儀式」を執行される事に同意してしまう。

「立花君もよろしいですかな?」
「もちろんです」
「ではまず破瓜の儀式、すなわち美幸嬢の処女を破る儀式と参りましょう」
「お、おい! もう離れてくれ!」
「キャッ!」

 その時真は優里の乳を吸い、しおりの唇に怒張を含まれ、沙希の舌でアナルを舐められていたのだが、ここが自分の出番だとばかりに、少女達を乱暴に突き放したのである。もう一滴も精液が出ない程搾り取られながら、なおも彼のペニスが勃起を保っているのは、ひとえに愛娘のバージンを奪ってやるのだと言う邪念のなせる業であったろう。

「美幸の初めての男は、私に任せて頂けませんか」
「待って下さいっ!」

 ちょうど真が、父娘姦の不道徳な申し出を口にした瞬間であった。黒服の運転手タクが、その場に到着したのは。このシナリオを描いた性奴隷プロジェクトの面々にとっては予定通りだが、驚いたのは美幸本人と父親の真である。

「タク! どうして、あなたがここへ? い、イヤ、見ないで、恥ずかしい・・・・・・」
「お嬢様っ!」
「こ、これはどういう事だ? 貴様のように下賎な運転手ふぜいが来て良い場ではないぞ! ええい、美幸を見るでない、このバカモノ!」

 立花真が激怒している姿を見て、同国人のタクに対する差別意識が強く完全に見下している事を再認識した桜園校長は、彼をなだめるように言った。

「立花君。君が驚くのも無理はないが、我々が彼をここに呼んだのじゃ。わしの顔に免じて許してはくれんかの?」
「な、何をバカな! いくら桜園さんとは言え、やって良い事と、悪い事が・・・・・・」
「黙れ! 立花!」

 桜園が初めて見せる厳しい口調での一喝に、一座には緊張が走る。普段温和な校長だが、地元の名士で政財界にも顔が広い彼は肝が据わっており、ここぞと言う場面で見せる威厳にさしもの立花真もたじろいで見えた。

「自分の娘を赤の他人である我々に性奴隷として差し出そうと言うお前が、どうしてそんなに彼を嫌うのだ?」
「それは・・・・・・日本人のあなた達にはわからないだろうが、身分が違うのです! あ、あり得ない・・・・・・おい、わかってるだろうな、タク! 美幸の裸を見るだけでも万死に値するぞ、とっとと出て行くのだ。さもなければ・・・・・・」

 真は大きな腹巻一丁になっている巨体を怒りでワナワナと慄わせながらタクを脅迫し、ふとその腹巻の中に片手を入れていた。だが誰一人この腹巻の意味を理解している者はなく、彼の凶行を阻止する事は出来なかった。そして覚悟を決めていたタクも引き下がる事は叶わなかったのである。

「そういうわけにはいきません。今ここで出て行った所で、真様がお許しになられるわけがない。どうせ、虫けらのように処分なさるおつもりでしょう。我々使用人仲間のようにね」
「お父様。処分って?」
「ええい、美幸の前で余計な事を言うなっ!」

 残忍な当主である父親が、母親藍子を使用人達に性奴隷調教させ、その事実を口外しそうになった人間を容赦なく粛清してしまった事など知っているはずがない美幸が疑問を口にすると、真は慌てた。そして剣呑な空気を察した桜園がここで口を挟んだのだが、それはますます火に油を注ぐような物でしかなかったのである。

「立花君。君は妻である藍子さんを、タク達に性奴隷調教させたのだろう? なぜ今さらタクの介入を嫌がるのじゃ」
「お父様っ! お母様はそのような事を、タクにされたのですか?」
「違うんだよ、美幸! それとこれは全く別の話だ。かわいいお前を、けがらわしい運転手ふぜいに、指一本たりとも触れさせはせぬから、安心しなさい」
「けがらわしい、ですって?」
「タクさん!」

 死を覚悟したタクが、真の侮蔑に公然と嫌悪感を表明したのを見た巧は、かつての恩人に勇気を促した。

「タクさんの気持ちを言ってやって下さい」
「けがらわしいのは、あなたです、真様。あなたは美幸様の実の父親ですよ。娘と交わるなど、人としてあってはならない、けがらわしい行為ではありませんか。まして処女を奪おうなどとは、絶対に許せません。美幸様の初めての男は、このわたくしが・・・・・・」
「この、大バカ者がっ!」
「きゃ~っっっ!!!」

 真が巨体に似合わぬ早業で取り出した凶器が火を噴き、女達は一斉に悲鳴を上げ、男達も皆彼から離れて退避した。真は小型の拳銃を隠し持っており、怒りに任せタクを目掛けて発砲したのである。後から入室したタクは一人離れて立っており、怒り狂った真の射撃も外れて壁に当たり硝煙が上がっているのだが、調教部屋の中がパニックに陥るには十分だった。この部屋が強固な防音でなければ、学校の中でも一大騒動となっていただろう。

「動くなあっ!」 

 パニックに陥っていたのは激情に任せて発砲してしまった真も同様であった。彼はタクに向かってそう怒鳴ったのだが、他の人間もその言葉に反応して壁際に下がりながらも動けなくなり、自然と両手を挙げていた。女生徒達は皆ショックでシクシクと泣き始め、事態はどう収拾されるものかと危惧されたその時、ただ一人毅然として落ち着いた態度の男が、タクをかばって自分の身を真の凶弾の射道に晒す。それは誰よりも小柄だが、誰よりも大きな存在である、桜園校長その人であった。

「立花君。これはわしの責任じゃ。撃つならわしを撃つが良い」

 静かだがキッパリとした口調で銃口に身を捧げタクをかばった校長の男気に、一同は皆息を呑む。そんな中桜園五郎は、その小柄な体からは信じられないような大声で吼えた。

「さあ、撃てっ! 立花。撃てないのか、この腰抜けがあっっ!!」

「桜の園」目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。