スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狙われた美姉妹」Ⅰ.7月1日(月)試験終了日の悪夢 Ⅰ-7.屈辱の剃毛

狙われた美姉妹

 海外に駐留するエリート商社マンの両親と離れて、大学生の姉と暮らす女子高生恵利香。ある日薬物を盛られてトイレで自慰に耽ってしまった所をクラスメイトに盗撮され、脅迫されていかがわしいブルセラショップに連れ込まれてしまう。そこに待っていたのは、かつて母親の恋敵だったと言う鬼婆のような正代と級友陽子の醜い母娘と、化け物のようなゲイボーイ調教師3人組。こうして美しい姉妹を奈落の底に突き落とす、情け容赦ない性奴隷調教が始まった。悪夢のような性感責めにすすり泣く美姉妹が、地獄の果てに見たものは?(約86万字完結)


Ⅰ-7.屈辱の剃毛

 2度の絶頂はしかし、続くもっと屈辱的な責めの序章に過ぎなかった。

「やっぱり恵利香ちゃんも変態じゃない」
「それじゃオケケを剃っちゃいましょうね-」

ーーあ……あん!……

 気をやった事を告白してもカイは手を離してくれず乳房を柔らかく掴んだままなのが恵利香の気力を喪失させ、とうとう剃毛の準備をテルとノブが始めシャボンを泡立てたりしている事に恵利香は気付かなかった。

 カイの分厚い掌に覆われているだけで乳房は歓びで弾けそうで、指の股に挟まれた乳首は微妙な刺激を受けてしまい、恵利香はもうこみ上げる淫情から逃れられなくなっていた。しかしテルが温めたシャボンをまぶした刷毛でペチョリと太股の付け根あたりに触れて来ると、ビクッとした恵利香は目線を下に移し、いよいよ陰毛を剃られるという屈辱に不自由な腰を精一杯もがかせて抵抗しようとした。しかし少年たちはますます淫らに恵利香をいたぶり始めた。

「駄目よ。動いたら大事な所が血だらけになるわよ」

 と刷毛を使っていたテルは、

「そうだわ、ココの出っ張りが邪魔だし危ないから摘んじゃおっと」

 と楽しそうに言うと、既に興奮して半分顔を覗けてしまっているクリトリスを器用に包皮から剥き出し、刷毛を持たない方の指で摘み上げてしまった。

「ウンッ!(そ、そこは……)」

 たちまちくぐもった悲鳴と共にビクンッと腰をはね上げた恵利香は、すぐにテルの指使いの巧みさに腰をブルブル慄えさせ始めた。

「テルちゃんはクリ弄りの達人だから」
「この娘、毛を剃られながら気をやるかもね」

 テルの指は何とも微妙にその鋭敏な尖りに掛かり、苦痛を与えないように気を配りつつブルブル慄わせながら締めたり緩めたり淫靡に蠢いてジ-ンと身に染み入るような素晴らしい快感を与えるのだった。

ーーああ……この人、何て上手なの……ううっ! 駄目、いい……

 普段は厳重に包皮にくるまれ、着衣の上からでさえ触れるのをためらう程過敏な尖りを「達人」らしくテルは実に巧みに皮を剥いて摘み上げてやわやわと刺激していたが、そんな事は朝飯前らしくもう片手ではチョコチョコと刷毛を使ってシャボンを塗り付けて来る。その部分に生えた毛にシャボンを塗りながら、テルが悪戯っぽく淫唇まで刷毛でくすぐったり果ては摘んだクリ豆の根っこにも触れさせて来ると、恵利香は次第に甘美な毒を飲まされたみたいな淫情にドップリと浸り始め、ピュッピュッと体液を噴出してテルの指を濡らした。すると手持ち無沙汰でそれを見ていたノブが

「まあ嫌らしい娘。オケケを剃られるのが、そんなに嬉しいのね」

 と嘲るように言うと、やおら股間に指を伸ばして

「あたしはちょっと悪戯しちゃおっと」

 と人指し指と中指をスッと女陰部に挿入してしまった。すると中から更にドクンと熱湯のような愛液がこぼれて恵利香の苦悶を物語っていたが、ノブはそれをタップリと指で掬い取ると中指を残して人指し指だけ引き抜き、それを今度は何と尻穴にまで当てがうと

「ンッ! ンンッ!(い、嫌あっ!)」

 と拒絶する恵利香にかまわず入口からゆっくりと指を没していった。さすがにその部分だけは耐え難く必死に筋肉をつぼめて指の侵入を防ごうとした恵利香だったが、カイに握り締められた乳房とテルにクリ摘みされながら刷毛で大切な箇所をくすぐられて気もそぞろとなり、ノブの指が淫液を潤滑油に入って来るのを阻止出来ないのだった。

「さあ準備完了よ。あたしたちのスペシャルオケケ剃りをタップリ味わってね」

 テルが刷毛をカミソリに持ち替えて嬉しそうに言うと、正代はプッと吹き出していた。

「あんたたちにかかっちゃ美人女子高生も形無しね」

 すると陽子も恵利香の美少女ぶりを妬むかのように言った。

「お澄し屋の恵利香ちゃんが、男の子にサ-ビスされながら毛を剃られて、どんな顔してイッチャウのか見せて貰うわ」

 するとカイが

「面白い提案があるの。恵利香ちゃんが毛を剃られながら気をやってしまったら、次のお仕置きを受けて貰うの。イクのが我慢出来たら、オケケを記念に貰ってこんな事はお終いにしてあげる、って言うのは?」

 恵利香は一も二もなくウンウンと頷いてわずかな望みに縋ろうとしたが、

「さあショリショリ始めるわよ」

 とテルがカミソリを柔肌に当てると、同時に3人のいたぶりが始まって観念したかのように目を閉じてしまった。

 カイの大きな掌がゆっくりと乳房を揉み上げるとそれだけで極上の快感に包み込まれてしまい、テルのクリを摘んだ指が微妙に慄えながら優しくしごくように刺激を与えると、鋭い快感の矢に貫かれた。そして前後のホ-ルに埋まったノブの指は微妙にバイブレ-ションしているだけだったが、他所で快感を覚えると全て撥ね返って我知らず指を喰い締めてしまい、特に未知の尻穴のおぞましい感触が恵利香を狂わせる。これではとても我慢するどころではなく、テルが

「じっとしていい娘にしてなきゃ、大事な所が血だらけになるわよ」

 とカミソリを使い始めると、恐怖でほとんど身を捩る事さえ出来なくなり、ますます被虐の快感がこみ上げて来るようだった。少年たちは残酷にも、恵利香を簡単にイカさないように手加減して愛撫を加え、切羽詰まった状況を見て取ると愛撫の手を休めていたぶりの時間を引き延ばした。そしてテルのカミソリは必要以上にのんびりと動き、次第次第に毛がサワサワと下に落ちていくと、恵利香は血を吐くような屈辱の思いに苛まれるのだが、それが又性感のざわめきと溶け合って正常な理性が1枚1枚剥がされていくようだった。

ーーああ……は、早くして!……

 こうして猫が捕らえた鼠をネチネチといたぶるように時間をかけた毛剃りが続けられて1時間近くたった。

「さあ、後はココの回りに生えてるオヒゲだけね」

 テルがクリトリスの根元付近に残る毛にカミソリを近付けると、朦朧とした意識の中(あと、少し)と希望の光が差して来たように感じた恵利香だったが、それはもちろん最初から叶わぬ希望に過ぎなかった。何度も休み休みになっていた少年たちの愛撫が一斉に熱を込めて再開し容赦なく刺激を加えられると、焦らされた後だけに恵利香は呆気なく崩壊してしまい、身も心もドロドロに溶けてしまうような強烈な絶頂が弾けて、ピインときつく全身を弓なりに反らせるとピクピクと痙攣して恥を晒してしまっていた。

「後ちょっとだったのに残念ね」

 そこでようやく剃毛を終えカミソリを肌から離したテルが言った。そして毛を剃られながらアクメを晒してしまった恵利香はシクシク泣きじゃくっていたが、それに追い打ちをかけるかのように全員股間の辺りに集まって楽しそうに話し始めた。

「散らばった毛を集めて頂戴」

 正代がそう言うと陽子が手に持ったティッシュペ-パ-に剃られた毛を集め始めた。

「恵利香ちゃんの顔写真付きで売れば、かなり高値が付きそうね。もちろんちゃんと言う事を聞いてれば、そんな事しないから」
「あらまあ、大きな赤ちゃんみたいよ。かわい-い」
「でも赤ちゃんにしてはオマメちゃんやビラビラがおっき過ぎるわね」
「ねえ記念撮影しときましょうよ」

ーーそんな……嫌、羞ずかしい……

 羞恥で真紅に染まった美貌を伏せくなくなと身を捩っても露出した股間を寸分も隠す事は出来ず、正代がパチパチとカメラのシャッタ-を切る音が聞こえると、(もう駄目)と完全に屈してしまった思いで恵利香の胸はキュンと締めつけられるようだった。


狙われた美姉妹目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。