スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「美少女調教~悪魔の1週間」第1章.色白美少女祥子 1-5.調教ブラの悦楽

美少女調教

 学生時代初めて経験を持った女子高生にうまく行為が出来なかった事を嘲笑されてインポに陥った雄一は、ポルノショップを経営しながら女性を辱める道具や薬物の研究に心血を注ぎ、若い女性を拉致しては嬲り尽くす漁色の日々を過ごしていた。いよいよ昔年の恨みを果たすべく、自分を貶めた女子高生の後輩に狙いを定めた雄一は、友人や女教師など関係する美女を集めてハーレムの王として君臨するが……(約52万字完結)
1-5.調教ブラの悦楽

「次は下をやってもらうからね。でもオッパイの方も欲求不満なんだろう? すごく気持ち良さそうな顔してたぞ」
「違います……」

 消え入りたげに否定する祥子だったが、身体の方は嫌らしく燃え上がってしまい、バーンと張り出した乳房の先端でピンとそそり立つ乳頭が(もっと触って)と自己主張していた。

「オッパイには秘密兵器があるんだ」

 雄一はニヤニヤ笑いながら、自作の強烈な性感刺激用調教ブラジャーを持って来た。表はシルバーに輝く軽金属製のようで、柔らかいラバーのような素材で裏打ちされていた。


「こいつは『モミモミブラジャー』って言ってね。その名の通りオッパイをモミモミしてくれるスグレモノだよ。もっとも祥子ちゃんの手ほど上手じゃないかも知れないけどね」
「やめて・・・」

 雄一がさっそく祥子に装着しようとすると、この男の使う道具の強烈さを知っている美少女は怯えて声を慄わせた。

「痛くも痒くもないから大丈夫だ」

 しかしもちろん雄一は委細構わずその妖しく光る「ブラジャー」を祥子の豊かな胸に取り付けていった。裏地の感触は何やらネットリと乳肌に吸い付いて来るみたいで、祥子はすぐに妙な快感を覚えてゾクッとしてしまった。それから雄一は、カップの部分を膨らみにあてがうと細かく乳房に吸着させるように嫌らしく手を動かして調節しながら「モミモミブラジャー」を嵌めて来た。

「形状記憶する特殊な合金と伸縮性のラバーで出来ていてね。祥子ちゃんの胸の形にピッタリ吸い付いて記憶までしてくれるわけだ。一度味わったら病みつきになっちゃうかもね。それ」
「ええっ?!」

 背中でガチャリと音がして、祥子はその物々しさにビックリした声を出した。

ーー何なの? これ……

 その冗談半分のような名前にちょっとした玩具のような物だろうと油断していた祥子は、いっぺんに恐ろしくなってしまった。

……もしかしたら外せなくなったの? だとすると……

 そんな事を考えてしまうと、「モミモミブラジャー」の裏地が必要以上に嫌らしく乳房にフィットして来るようだし、妙に柔らかいために乳房全体を柔らかくつかみ固く勃起した乳首を包んでくるような感触がたまらなくエロチックに感じられ、祥子はいたたまれない気分になった。

「それじゃ動かしてみるよ」
「えっ?!」

 動かすと聞いて再び祥子は声を上げたが、すぐに「モミモミブラジャー」は動作を始めて来た。

 雄一のリモコン操作に反応した調教ブラはまず全体がジーッと細かく淫靡に振動を始め、さらにいかなる仕組みによってかカップがゆっくりと伸縮を繰り返してネットリと柔らかく胸を揉み上げる動きを見せたのだ。

「嫌っ! アッ……アンッ!」

 すぐに性感を刺激された祥子は両腕で胸を隠す姿勢になったが、もちろんそれで動きが止まるわけではなく、次に慌てて調教ブラを外せないかともがいたが、指1本入る隙間もないくらい密着していて背中の施錠の意味を思い知らされるだけだった。

「ははは、そいつを外すのはおじさんにしか出来ないよ。嫌がってないでタップリ味わうといい。機械にオッパイをモミモミされるのもまんざらじゃないだろう?」
「アーッ! だ、駄目えっ!」

 祥子は悲鳴を上げたが、こみ上げる快感に息を弾ませ、上体を悩ましくくねらせ始めるのに時間は掛からなかった。

「かわいいよ、祥子ちゃん」

 雄一は願ってもないシチュエーションに、再び逸物を取り出すと身悶える制服美少女をオカズにオナニーを始めたのだった。

「具合はどうかな?」
「あーっ! た、たまんないいっ! 止めて! 止めてくださいっ!」

 祥子はすっかり取り乱し、もうどうしようもないと言わんばかりのあられもない鼻声で訴えた。細かいバイブレーションをかけながらの乳房揉みは人間の手には絶対不可能な刺激で、若い健康な女体が反応してしまうのは当然だった。雄一の設計した肌にピトリと吸い付く素材と形状記憶合金が、乳房を根こそぎ包み込んで隅々まで淫らな振動を感じさせる作用をするのだからたまらない。祥子は(こんな機械なんかに)と精一杯抵抗し、歯を喰いしばって異常な快感を拒絶しようとするのだが、機械の愛撫を嫌悪すればする程かえって倒錯した悦楽に脳を焼かれて、美少女は嫋々と白い裸身をくねらせて悶絶した。雄一はそんな悩乱する美人女子高生を眺めながら嬉しそうにペニスをしごき続け、追い打ちをかけるように言った。

「ようやく気分が出て来たみたいだね。それじゃあ、おじさんと一緒にオナニーをしてもらおう。スカートをめくっといてあげるから、両手を下に持ってくるんだ」

 雄一はベッドの上で逃れようのない調教ブラの快感に上体を悩ましくくねらせて息を弾ませている祥子の隣に座り、ピタリと寄り添うように体を寄せるとスカートをサッとめくり上げ、彼女の発情をあらわにした秘め所をのぞき込んで言った。

「もう少し脚を開いて。よしよしいい子だ」

ーーああ……も、もう駄目え……

 調教ブラの威力は絶大で、余りの気持ち良さで理性が麻痺してしまったかのように祥子は雄一の言う通りに動いてしまっていた。

「うーん、これだけ濡れてりゃいらないかも知れないけど、一応こいつを塗っておこう。片手でアソコの襞をよくめくるようにして、もう片手の指で隅々まで塗るんだよ」

ーーあああ、こんなのって、あり得ない! だけど、とっても気持ちいいっ! オッパイが……熔けちゃいそう

 乳房を粘っこく責められてすっかり興奮してしまった祥子は、「ラブオイル」を塗る指がいつしか密やかなオナニーに耽る女子の指使いになっていった。調教ブラの乳房責めにすっかりメロメロになって、言われるままにオナニー指南を受け入れるようになった祥子に、雄一は調子に乗って次々と淫らな技を教え込んでいった。

「はい、人差し指を出来るだけアソコの奥深くに入れてよくオイルを塗るんだよ。ホラ、気持ちいいだろう? 次はクリちゃんの皮を剥いてオマメや皮の裏側にも塗って。ハハハ、もうたまんないって顔してるよ、そんなに目を剥いちゃって」

 もともとオナニストであり性的な素質があったのか、祥子はそんな事まで従順にやってしまったのだが、雄一の最後の要求は普通なら屈辱に身も凍り絶対に出来ないような淫技だった。

「それじゃ最後にお尻の穴に指を入れるんだ」
「そんな事……嫌です……」

 さすがにアヌスには抵抗を示す祥子だったが、雄一はまたしても嫌らしく脅迫するのだった。

「今もビデオを回してるんだよ。高く売れそうだね」
「ひ、ひどい……」

 どんどんあられもないビデオを撮影される祥子は、アリ地獄にかかったアリのように深みに嵌る一方の運命だった。
 
「オイルをタップリつけて入れりゃ痛くはないから。ホラ、おじさんが見本を見せてあげよう。ああ、いい気持ちだ。」

 雄一は腰を浮かして自らの無様な格好に内心苦笑したが、気持ちがいいのは本当で、惰性になっていたせんずり行為で中途半端な勃起だったナニが、急激に硬度を増してムクムクとそそり立った。それをチラッと横目で見た祥子は、羞ずかしい、とつぶやきながら、異様な興奮状態に押し流されるように人差し指をジワジワと尻穴に挿入し始めた。

ーー私なんて嫌らしい事してるのかしら。 で、でも、これ、何だか……だ、駄目、ああ……

 そんな抵抗感も被虐の薬味となって、羞ずかしい事にお尻の穴が浅ましい程に感じてしまう祥子は、背中をのけぞりっ放しで夢中になって指を沈めていった。これまでそんなあらぬ所に異物を入れるなど考えた事もなかったが、「ラブチェーン」の小さなディルドゥで道を付けられてしまった尻穴は、祥子の細指を難なくくわえ込んでしまった。
 
 その指がほぼ根本まで埋まり切った頃合いに雄一は言った。

「そのまま抜かないで」
「ああ……」

ーー凄い! こんなのって凄過ぎる!

 普通なら気が触れてしまう程の痴態を強いられた祥子は穴があったら入りたいような羞恥に狂おしく呻いたが、羞ずかしさより強烈な快感の方が美少女を狂わせようとしていた。

「どんな気持ちだか言ってごらん」
「き、気持ちいいです……」
「ハハハ、お尻の穴が気持ちいいんだね」
「は、はい……ああ、羞ずかしい……」

 すっかりきざしてしまった祥子は、とてつもない興奮に煽られてとうとうそんな事まで告白してしまった。実際、お尻の穴に1本指が入る事によって世界が変わってしまう程の歓びを覚えてしまい、祥子は絶大な羞恥に頬を真っ赤に染めながら自らの指を愛おしくお尻で喰い締めてしまうのが止まらなかった。

「よしよし、いい子だね。祥子ちゃんはまだ経験が足らないだろうから、おじさんがお尻の穴を使ったオナニーのやり方を教えてあげよう」

 自分の尻穴にズブリと指を入れてしまって、余りの羞恥と裏腹に迫り来る悦楽にぶるぶる全身を慄わせながら、祥子はしっかり目を閉じてしまっていたが、雄一の悪魔の誘いのような声は完全に彼女を支配していた。

「お尻に入れた指をクチュクチュくじらせてごらん」
「は、はい……あっ! いいっ!」
「そうだろう? じゃあその程度の動きでいいから、その指はずっと入れて置くんだよ」

ーー気持ちいいようっ!

 祥子はその異端の歓びに屈して内心悲鳴を上げ、クニュクニュと嫌らしい指の動きが止められなくなっていた。

「今度は余った方の手で、クリちゃんの皮を剥いてごらん」
「ヒイーッ!」

 雄一は包皮の剥け易さから、この美人女子高生がオナニストである事をとうに見抜いていたが、祥子はすんなりと皮を剥く行為をして連日の指弄りを証明してしまい、お尻の影響で強烈な感度になってしまったその部分の快感にたまらず悲鳴を上げていた。

「数を数えてあげるから、皮を剥いたりかぶせたり百回やってみよう。はい、1・2・3……」

 すぐに指示に従った祥子には、わざとゆっくりしたリズムがたまらなかった。

ーーああ、焦れったい! もう、もう……

 どんどん気持ち良くなっていくのに、この程度では最後までイクことが出来ない。これが雄一一流の手管であり、このように緩急をつけて調教されると、どんな貞操堅固な女性でもいつしか盛りのついた雌猫のようにあられもなく自ら身体を開き、獣のような咆哮を上げるのだった。

「……百。じゃあ今度は人差し指を1本アソコに入れてから、百回出し入れするんだよ。それ、1・2・3……」

 こうして祥子は淫らな悦楽におぼれていき、人差し指が出入りするたびにはしたなくもギュッギュッとその指を愛おしげに締め上げるようになってしまった。そしてもう片方の人差し指を喰い締めたアヌスも、いつしかきつく指を喰いちぎらんばかりの収縮を見せ始め、前と後ろの表裏責めとなって何倍にも増幅した快感が祥子を完全に狂わせた。さらには、もう構っている余裕などなくなった乳房を柔らかく揉みほぐす「モミモミブラジャー」のもたらす法悦も加わって、祥子はウットリを目を閉じて素晴らしい快感にドップリと漬かり、吐く息を火のように熱くさせた。1本指の出し入れが終わると、再びクリトリス包皮の剥きかぶせを百回命じられ、今度は剥き上げた時にキュッと女芯を摘んでみせろと言われた。

「1・キュッ・はい・2・キュッ……」

 ますます浅ましい淫靡な歓びが募って祥子の肉芽を摘む指はぶるぶると慄え、着実に2度と消えない淫乱性の烙印が肉体に刻み込まれていくようだった。

 祥子のオナニー指南は佳境を迎え、雄一の言うがままに指を2本に増やしての百回の出し入れが始まり、またその次に百回のクリ豆弄り、そしてまた指の百回出し入れ……と際限なく続けさせらた美少女はいつしか自分が何をしているのかさえ、頭がぼうっとかすんでわからなくなった。

「アア……ウウン……オオウッ!……」

 悩ましいすすり泣きと共に発する言葉もうわごとのように意味不明なものとなり、その熔け崩れそうな性悦に破れた女子高生の姿で雄一のペニスをしごく手に力が入った。

「イクウっ!」

 そして雄一の号令でゆっくりと淫技に溺れていた祥子が、とうとう絶頂を告げて全身を弓なりに反らせたが、雄一の催眠術をかけるような声はさらにカウントを続ける。

「ほらほら休んでないで、続けるんだよ」

 すると祥子はもはや備えも構えも失って、何かに憑かれたように身体を揺すり上げながら指を使っては何度も何度もアクメに身を焼かれ、雄一が、もういいよ、とストップをかけた時には失神寸前であった。

ーー凄いな、コイツ……

 自分がありったけのテクニックと高性能の調教具を使って追い込んだにしても、尻穴と女穴に自分の指を入れて激しく何度も気をやってしまう祥子の性的感受性の強さに、雄一は半ば呆れながらこれまでになく昂ぶるものを感じていた。

「お洩らししちゃったみたいだね」

 一旦ギンギンに猛る逸物から手を離した雄一が、呆然としている祥子の顎をしゃくって嫌らしく囁いたがハアハアと息を荒げるだけで言葉も発せない様子だった。彼女が座ったベッドのシーツは本当に洩らしてしまったかのように盛大に濡れて光っている。

「そんなに気持ち良かったの?」

 という問いに素直にコクリと頷く美少女の従順さに感激した雄一は、股間から引き抜いて手持ち無沙汰の祥子の汚れた手を取るとその手にペニスを握らせた。

「おじさんも興奮しちゃったよ、ホラ」

 祥子がオズオズとしかし拒絶もせず手を触れさせると、雄一のナニはますます硬度を増し萎えることはなかった。

ーーこれならイケルぞ

 これまでどんな状況でも女性の身体に触れた途端駄目になっていた我が愚息が頼もしくピンと勃起したままなのに、雄一は小躍りしたいような嬉しい気持ちになった。人生の半分を棒に振った不能に今こそお別れ出来るのではないか?半ば無意識に優しくしっかりと握り締めて来る祥子の手の感触だけで危うく自失しそうになった雄一は、慌ててその手を引き離させる程だった。歪んだ性癖のため、自分で慰めるのならば快感をコントロールして何時間でも射精を引き延ばすことの可能な雄一が、それだけで危険を覚えるとは考えられないことだったのだ。自らのインポの回復とバラ色の調教計画が一気に雄一の頭に浮かび、祥子はその美しき生けにえとしてしゃぶり尽くされる運命であった。


続く→1-6.初フェラ絶頂

戻る→1-4.オナニー指南

「美少女調教ー悪魔の1週間」目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。