スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狙われた美姉妹」Ⅵ.7月6日(土)調教5日目~とどめの宿泊調教 Ⅵー2.快感悶絶ドライブ

狙われた美姉妹

 海外に駐留するエリート商社マンの両親と離れて、大学生の姉と暮らす女子高生恵利香。ある日薬物を盛られてトイレで自慰に耽ってしまった所をクラスメイトに盗撮され、脅迫されていかがわしいブルセラショップに連れ込まれてしまう。そこに待っていたのは、かつて母親の恋敵だったと言う鬼婆のような正代と級友陽子の醜い母娘と、化け物のようなゲイボーイ調教師3人組。こうして美しい姉妹を奈落の底に突き落とす、情け容赦ない性奴隷調教が始まった。悪夢のような性感責めにすすり泣く美姉妹が、地獄の果てに見たものは?(約86万字完結)

Ⅵー2.快感悶絶ドライブ

「あら、いらっしゃーい、恵利香ちゃーん」

 アナルによる2連続アクメに破れて玄関を出た瞬間にしゃがみ込んでしまった恵利香を、陽子が引きずるようにして駐めてあったライトバンの中に連れ込みドサリと放り込むと、ハンドルを握っていたゲイボーイ調教師のリーダー、カイは気色悪いオカマ口調で声を掛けた。

「あらあ、ご挨拶しなきゃ」
「お、おはようございます……」
「ふふ、こう言ってごらんなさい、ドレイちゃん」

 運転席の後ろは座席が倒され毛布が敷かれて、人が数人座れる座敷のようになっていたが、その上に放り出されて体を丸め恐怖と興奮でブルブル慄えている恵利香にピタリと体を寄せて座った陽子は、耳元でなにやら囁いた。

「恵利香の、えっちで恥知らずな、お、おっぱいと……」

 そんな羞ずかしい言葉を口にさせられる辛さに、美少女がウッと声を詰まらせると、陽子は駄目押しのように囁いて、淫らな口上をしっかり言わせてしまう。

「お、おまんこと……おしりを……どうか、たっぷりとかわいがってくださいませ……ああっ! 羞ずかしいです、ご主人様あ……」
「まあ、よくそんな嫌らしい事が言えたわね、えらいわ。お望み通り、腰が抜けるほどたっぷりとかわいがってさしあげますわよ、おほほほ~ こころゆくまで、お楽しみあれ」
「良かったね、恵利香ちゃん。きっとそのえっちなカラダが、二度と忘れられなくなると思うわ」

 陽子の(二度と忘れられなくなる)という言葉は、大きな意味を持つようになるのだが、もちろん恵利香にはそんな事をおもんばかっている余裕はなく、次の瞬間、アッと小声を発していた。

「あら、おっぱいもみもみが始まったみたいね」

 ブラウスの上から胸を触り、調教ブラのバイブ乳揉みがしっかり掛かっている事を確認した陽子が言うと、発車せずのんびりと構えていたカイが後ろを振り向いて声を掛けた。

「ねえ、機械におっぱいをかわいがられるのって、どんな気持ちなのかしら?」

ーーい、嫌だ、早く発車して!

 時刻は8時を過ぎた頃で、休日の早朝とは言え、マンションの住人がちらほらと姿を見せ、車の中で体を寄せ合っているセーラー服姿の少女2人に、好奇の視線を向けて来るのだ。話声は聞こえないだろうが、こんな場所で淫らなやりとりをさせられるのは耐え難かった。が、そんな恵利香の気持ちをあざ笑うかのように陽子が言うのだった。

「ちゃんと答えなきゃいつまでもこのままだよ。それともご近所さんに、イキまくる所を見せびらかしたいの?」
「……とても、気持ちいいです……」

 やむを得ず正直に快感を口にした恵利香だが、カイは執拗に問いただして来た。

「そんなおざなりじゃダーメ。どこが、どんな風に気持ちいいのか、具体的に教えてちょうだい」
「ほらほら、子供たちが見てるよ」

 陽子は、そこらでボールを投げて遊んでいた幼い男の子たちが何だろうとこちらを見ているのに、わざわざ手を振って注意を引き、恵利香は慄然としながらも淫らな感覚を口にしなければならなかった。

「あ、あの……乳首をチューッと吸われて、ブルブルされるのがすごく気持ちいいです……」
「おっぱいもみもみは感じないの?」
「お、おっぱいを……もみもみされてるのも、いいです……」
「どのくらい、いいの?」
「おっぱいが……ああっ! おっぱいが溶けちゃういそうなんですうっ!!」

 羞ずかしい快感を口にさせられる事で、その部分がますます心地良く感じられるようで、恵利香は甘く拗ねるような淫声を昂ぶらせる一方になって来た。

「ご、ご主人様あっ! も、もう、いっちゃいそうですうっ! いっても、いいですか?」
「機械にえっちされて、いっちゃうんだ。えっちな子」
「あ、あ、あああっっ!!」
「思い切りいっちゃってもいいのよ。お姉さんがいっちゃうトコを、子供たちに見せつけたら、出発しましょ」
「いくうううっっっ!!!」

 恵利香は車の外に聞こえるのではないかと言うくらいの大声を張り上げてしまい、カイが呆れたように言った。

「まあ、激しいのね、恵利香ちゃん。機械でも、そんなにいいんだ」
「感度がいいのよ、この子」
「じゃあ、アタシも後で機械に負けないくらい、腕によりを掛けておっぱいをもみもみしたげるわ~」
「良かったね~、恵利香ちゃん」

 乳房責めの達人であるカイの胸揉みの素晴らしさを体を叩き込まれている恵利香は、軽くタッチされるだけで乳首が痛いくらいそそり立ってしまう彼の分厚く湿った手の感触を思い出してしまった。

「じゃーね、ばいばーい」

 陽子が、何事かと注視していた男児たちに手を振ると、ようやく車は出発した。

「ねえ、しばらく適当に車を走らせてくれる? この子が一通り、アナルでいっちゃうトコまで機械いじりさせるからさ」
「わかりました」
「なるべく、人が多い道を走ってね」

 繰り返しベッドの中で演じさせられた絶頂の痴態を、外から丸見えの車内で晒さねばならないと思うと、恵利香は生きた心地もしなかったが、それとは裏腹に調教の進んだ体はゾクゾクとおぞましい興奮に突き上げられて、メラメラと燃え上がる淫情をもうどうにも抑えられそうになかった。

「恵利香ちゃん、オテテを背中で組みなさい」

 車がマンションの敷地を出ると、陽子はそう言って恵利香が背中に回した手を指錠で括ってしまった。そしてさらに陽子が持ち出した首輪まで嵌めてしまうと、恵利香の興奮は際限なく高まっていくようだった。

「ふふ、こんなドレイちゃんスタイルにされると気分が出るでしょ」
「ああ、ご主人様……うあーっっ!!」
「あら、今度はクリちゃんブルブルが始まったかしら?」

 最急所であるクリトリスに吸い付いた吸盤バイブが振動を始めると、恵利香の体中に絶大な快感が響き渡り始めていた。そして陽子は、首輪の嵌った恵利香の頭を持ち自分の方へグッと引き寄せて言った。

「ね、ねえ、恵利香ちゃん。アタシのココ、キレイにして」

 陽子が自分のミニスカをめくると、下からノーパンの股間が現れた。

「朝、おしっこして拭いてないのよ。アンタにペロペロしてもらおうと思って、ウズウズしてたの。さあ、早くおナメなさい」

 陽子がさらに強く顔を股間に引き寄せると、恵利香は小水と淫液の混じったプーンと鼻をつく悪臭にクラクラしながら、従順に舌を出してペロペロと「ご主人様」の汚れた股間を清め始めていた。

「ああ、いいっ! そ、そこよおっ! あーっっ!!」

 恵利香はカラダ中に心地良く響き渡るクリバイブの快感をぶつけるかのように、熱っぽく汚穢にまみれた股間に舌を使い、唇で吸い上げて、陽子もはばかりなく大きなよがり声を張り上げていた。カイが運転しながら言う。

「まあ、仲がおよろしい事。やけちゃうわ~」

 スラリと長い手足と典雅な美貌の恵利香と、小太りで醜い陽子は、まるでお姫様と下女のような外見だったが、立場は逆なのだ。美しい恵利香が、醜い陽子の股間にかしずき、ペロペロと悪臭を放つ部分を熱心に舐め清めている。その舌と唇は、クリトリスはもちろんの事、尻穴にまで及び、陽子は恵利香の後頭部をギュッと両手で抱き寄せ、手放しで悶絶していた。

 程なく陽子と恵利香はほぼ同時に思いを果たし、しばらくアクメの余韻でたゆたっていた陽子は、やおら恵利香のカラダを引き寄せ、唇を合わせていった。

「ご、ご主人様……」

 汚いです、と言おうとした恵利香の口はすぐに熱烈な接吻で塞がれてしまった。たった今自分のトイレの始末をしていない花唇を舐めていた口だと言うのに、陽子はそんな事を気にせず激情に任せて行動していた。そして程なく恵利香のアソコに喰い入ったバイブが淫動を始める。

ーーご主人様あっ! 素晴らしいですうっ! 気持ちいいーっっ!!

 恵利香も陽子もウットリと目を閉じていた。今車がどこを走り、あるいは止まっているのか、そして道ゆく人々が車窓越しに自分たちの痴態をながめている事など、もう全然気にならず2人だけの世界に入り込んでいた。

 陽子は恵利香をきつく抱き締めて、合わせた唇に舌を差し入れるディープキスを長々と続け、恵利香が体がバラバラになるような強烈な絶頂に全身をピクピクと痙攣させても離してくれなかった。そして最後のとどめのアナルバイブが動き始めると、恵利香は完全に全身の力を抜いて陽子の唇に身を預け、身も心もこの醜い少女に支配されていた。

ーーあああっっっ!!! お、おしりいっっっ!!! すごいのおっっっ!!! ご、ご主人様あ……

 こうして恵利香が天国へと飛翔し、Aプラスの「調教モード」によって立て続けにアナルによる連続アクメを極めた頃を見計らって、カイは目的地に車を到達させていたが、それは恵利香にとっては予想もしない意外な場所であった。


狙われた美姉妹目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。