スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狙われた美姉妹」Ⅶ.7月7日(日)悪魔の刻印~部分集中訓練と肉体改造 Ⅶー6.白黒バイブストローク訓練(1)

狙われた美姉妹

 海外に駐留するエリート商社マンの両親と離れて、大学生の姉と暮らす女子高生恵利香。ある日薬物を盛られてトイレで自慰に耽ってしまった所をクラスメイトに盗撮され、脅迫されていかがわしいブルセラショップに連れ込まれてしまう。そこに待っていたのは、かつて母親の恋敵だったと言う鬼婆のような正代と級友陽子の醜い母娘と、化け物のようなゲイボーイ調教師3人組。こうして美しい姉妹を奈落の底に突き落とす、情け容赦ない性奴隷調教が始まった。悪夢のような性感責めにすすり泣く美姉妹が、地獄の果てに見たものは?(約86万字完結)

Ⅶー6.白黒バイブストローク訓練(1)

「豆に塗るんじゃないよ。前と後ろの穴にタップリ塗ってやるんだ」
「どうして?」
「コイツがすぐにイッちまったら面白くないだろ。だからクリは放っときな」
「わかった、ママ……」

 陽子は人の字縛りで大きく割り裂かれた恵利香の股間にひざまづいて顔を近付け、女の秘唇をかき分けるように指を差し入れて「随喜ローション」を塗り込めていった。

「ああ、ご主人様あ……私どうなっちゃうんですか、怖い……」
「あら、大丈夫よ。天国に行かせてあげるだけじゃない。さっきもお乳が出るくらい良かったんでしょ?」
「あ、あ、ああ……」
「うふふ、すっごい締め付けね。アタシの指が食べられちゃうそう……」

 陽子がすでにグッショリと潤っていた女の部分に挿入した指を蠢かせると、恵利香は声を悩ましく上擦らせていた。

「フン、あれだけよがり狂って母乳まで出しやがって、今さら怖いだと! 笑わせるんじゃないよ! それに何だい、あんたのマンコは! 陽子の指を食い千切って仕返しでもするつもりなのかい?」

 正代の辛辣な言葉に続き、少年達の言葉はさらに恵利香の羞恥と恐怖を増幅させた。

「おほほほ~、それにしてもひどく濡らしちゃったものね~」
「そんなになってるのにローションまで塗って大丈夫? このお嬢さん、気持ちが良過ぎてマジでおバカさんになっちゃうんじゃな~い?」
「あ~ら、そこをうまく加減したげるのが、アタシ達の腕よ。陽子様、オシリにもしっかりヌリヌリしたげてね」
「お、お尻は嫌あっっ!!」

 膣内の奥深くまでローションを塗ってしまった陽子の指が尻穴の入口に伸びると、恵利香は取り乱して叫んでいた。やはり最後までどうしても慣れる事が出来ず猛烈な嫌悪を催してしまうのはアナルであり、それが又前以上に感じてしまう事がわかっているだけに恵利香は平静ではいられないのだ。

 が乳房の集中攻撃で母乳を分泌するまでメロメロにされて、今もなお機械に愛される胸部の快感で官能を休ませてもらえない恵利香の体は、全く抵抗力を失っていた。陽子の指がじんわりと圧力を加えると尻穴の入口は呆気なく緩んでしまい、ズブズブと侵入した指に奥深くまで薬液を塗られてしまうのを、ワナワナ慄えながら甘受するよりないのだった。

「よし、ケツまでしっかり塗ったね。それじゃアタシらは休憩だ、みんなで3時のお茶でもするかい」

 時刻はそのくらいらしかったが、ここで陵辱者達は全員引き上げてしまった。後に1人残された恵利香は、「ラブブラ」と「ラブサッカー」によってエンドレスに乳房から込み上げる快感でトロトロの意識にたゆたいながら、股間がだんだんジーンと甘く痺れたように疼き始めるのをジッと我慢するだけだった。

「恵利香ちゃん、ご機嫌はいかが?」
「ご主人様っ! も、もう我慢出来ません!」
「あら、おちんちんが欲しくなったの?」
「ああ……はいっ! ああ、欲しいわあ、おちんちん……」

 まるで打ち合わせていたかのように、おちんちんが欲しい!と絶叫する恵利香を見て少年達はゲラゲラ笑ったが、股間の前後がメラメラと火を吹き上げる程に熱く疼き上がっていた美少女は、はじらいも慎みもかなぐり捨てて、はしたない「おねだり」をしてしまっていた。

「全くどんだけえっちで、どスケベなんだろうね、このメスイヌはっ! 大城家のしつけは一体どうなってるのか、聞いてみたいもんだよ」
「ママ、そんな意地悪言ってないで、早くしたげようよ」
「おほほほ、この白いのからあげましょ」

 少年達が陽子に手渡したのは、この1週間恵利香のアソコの中で暴れ回り、数限りないアクメを搾り取った「白バイブ」だった。

「見て見て、恵利香ちゃん。ほうら、すっごいイボイボつきだよ。これを入れたらスッキリするわね~」
「ああ、は、早くうっっ!!」

 恵利香は人の字縛りで不自由な股間をストリッパーのように卑猥にグラインドさせて、今か今かと「おちんちん」を待ち望む浅ましさを晒していた。

「ねえ待ってよ。ずいきちゃんも巻いてあげなきゃ」
「そうだね。大好きなずいきだよ、良かったなお嬢さん、フフフ……」

 わざとおあずけを喰らわせる狡猾なやり方に恵利香はすっかり翻弄されて、陽子が手にした白バイブにずいき繊維をキリキリと巻いているのを、血走った目で涎をこぼしながら見つめていた。

 女泣かせの古来の繊維を巻かれた白バイブは一回り立派な姿にサイズアップした。さらにずいきが淫汁を吸い込むとぐんぐん膨らんで刺激を増加させる恐ろしい仕掛けである。

「お待たせ~」
「ああ~っっ!! す、すごいいっっ!!」

 満を持した陽子がゆっくりとずいき巻きの白バイブをズブズブとアソコに含ませて行くと、まるで脳を焼かれるような強烈極まりない快感で、恵利香は狂ったように歓びを露わにした。大きく下肢を開かされているにも関わらず、強い力でギュウッとバイブに絡み付いて来る優秀な女の構造に、陽子は改めて目を瞠った。

「恵利香ちゃんのおまんこにイボイボのチンポを取られちゃいそうだわ」

 からかわれても白バイブを受け入れた瞬間から全身が火柱のように燃え上がった恵利香は、もう自分の体を全く制御出来なかった。

「よし、それじゃストローク訓練を始めるよ。1人20回で行こうかね」
「アラあ、少な過ぎるんじゃなくって?」
「5人で100回だ。 淫乱恵利香には十分だろう」

 どうやらこの淫らに燃え上がった股間に打ち込まれた白バイブを、1人20回ずつ抜き差しされるらしい。恵利香は合計100回が多いのか少ないのか判断が付かなかったが、陽子がさっそくゆっくりと白バイブの矛先を引き上げ始めると、そのあまりの心地良さに生々しく声を慄わせていた。

「はおお~っっ!!」
「はい、い~ち」

 恵利香がよがり声を吹きこぼすと同時に、皆が声を揃えてカウントしていた。

「に~い……さ~ん……」
「うおお~っっ!!……おああ~っっ!!……」
「ねえ、そんなに気持ちいいの、恵利香ちゃん」

 恵利香は腹の底から絞り出すような声を洩らし、陽子がストロークさせるのに苦労する程強烈に、羞ずかしい襞を絡み付かせて、おびただしい果汁を滴らせていた。3回で手を休めた陽子に、恵利香は訴えていた。

「ご主人様あっっ!! す、すてきです、もうどうにかなってしまいそおっっ!!」
「あらまだたった3回よ。気が早過ぎるわ」
「そんなに感じちゃって100回も保つのかしら?」
「思った通りだね、このどスケベ娘っ!」

 正代の次の言葉に恵利香は慄然とした。

「いいかい、勝手に気をやるんじゃないよ。そしたら、1からやり直しだからね」
「そ、そんな……無理です……」

 たった3回抜き差しされただけで、ローションの疼きで火を噴くような発情の極にあった女の部分は、凄まじい歓喜に打ち慄えているのだ。100回どころか20回クリア出来るかどうかさえ怪しかった。

「お前に口答えする権利はないんだよ! 陽子、遠慮はいらないよ。ガンガン突いておやり!」
「もうママったら厳しいんだから。恵利香ちゃん、イキそうだったらそう言ってね。休憩したげるから」
「フン、何を甘い事言ってやがる。まあいい、続けな!」
「はい、よ~ん……ご~お……」

ーーああ、こ、こんな……たまらないっっっ!!!

 休憩を入れて再開した白バイブのストロークはいよいよ甘く切なく悦楽の調べを奏で、恵利香はもう我を忘れてドップリと快楽に浸り始めた。次々に洩れる嫌らしい鼻声も、うねり狂う腰の淫らな動きも止めようがなかった。

「……じゅ~うごお」
「あ、ダメ、イキそおっ!」
「もうだらしないんだから」

 やはり20回は保たなかった。ギリギリまで我慢して陽子に訴えた恵利香は不安で一杯になる。陽子はここで休憩してくれたのだが、あのまま続けられたら間違いなく気をやっていたのだ。少年達や、悪魔のような正代が容赦してくれるのだろうか?

 が、そんな不安も、ストロークが再開するとますます心地良く全身に響き渡る悦楽の大波にさらわれてかき消えてしまっていた。

「……に~じゅう。はい、こうた~い」
「おほほほ~、今度はアタシよ、よろしくね~」

 続いて白バイブを握ったカイに、恵利香はすがりつくような目で言った。

「あ、あの、待ってくださいっ!」
「なあに、恵利香ちゃ~ん」
「イキそうだったら、そう言ってもいいですか?」
「あら、言うだけなら勝手よ、オホホホ~。そんな事言うなんて、よっぽどこのイボイボチンポが気に入っちゃったみたいね、恵利香ちゃ~ん。はい、い~ちい~……」
「ああああ~っっっ!!!」

 絶世の美少女の女子高生らしからぬ、生々しい悦楽の叫びが響きわたり、部屋の中には濃厚な女のフェロモンが充満し始めたようだった。


狙われた美姉妹目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。