スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狙われた美姉妹」Ⅸ.7月9日(火)肉体改造の悪夢 再び悪魔の根城へ Ⅸー4.衝撃の姉妹対面

狙われた美姉妹

 海外に駐留するエリート商社マンの両親と離れて、大学生の姉と暮らす女子高生恵利香。ある日薬物を盛られてトイレで自慰に耽ってしまった所をクラスメイトに盗撮され、脅迫されていかがわしいブルセラショップに連れ込まれてしまう。そこに待っていたのは、かつて母親の恋敵だったと言う鬼婆のような正代と級友陽子の醜い母娘と、化け物のようなゲイボーイ調教師3人組。こうして美しい姉妹を奈落の底に突き落とす、情け容赦ない性奴隷調教が始まった。悪夢のような性感責めにすすり泣く美姉妹が、地獄の果てに見たものは?(約86万字完結)

Ⅸー4.衝撃の姉妹対面

「ア~ッ!」 
「あらあら、又イッチャッタの? ホントにえっちが好きなのね、恵利香ちゃん」
「だ、だってえ~ も、もう、歩くのはイヤあっっ!!」
「ダーメ。歩かなきゃ、首輪を繋いでここに放っといちゃうぞ~」

 肉体改造に耐え切れず、とうとう陽子に頼み込んで「パラダイス」に行き鎮静剤をもらう事になった恵利香は、後ろ手縛りで首輪を引かれながら超ミニスカの扇情的な姿で自転車置き場まで歩かされたのだが、脚を動かすと包皮に埋め込まれた刺激パール球がズリズリとクリトリスを擦り上げる恐ろしい改造手術のおかげで、何度も気をやり我慢出来ずしゃがみ込んでしまっていた。

 が、陽子に容赦なく引き立てられてもう今日何回目だかわからないアクメにすすり泣く恵利香は、どうあっても「パラダイス」に助けを求めるよりない窮地に追い込まれていた。麻酔が完全に切れない状態でこれでは、感覚が完全に回復してしまったら本当に気が触れてしまうだろう。

「うふふ、ど淫乱の恵利香ちゃんが大好きな自転車を準備してたわよ~」
「ああ、そ、それは……」

 両脚を通すと自分では下りる事の出来ないサドルに、ニョキリと2本生えた大小のペニス型バイブと、急所の女芯を包み込み振動する無数のイボイボを見つめる恵利香の潤んだ目が妖しく光る。それは陽子に調教された1週間に、毎朝数え切れないアクメを搾り取られた「ラブバイシクル」であった。

「おっぱいにもちゃんとあげるわよ」

 さらに陽子の手で調教ブラを乳房に取り付けられ、括り出されピョコンと飛び出した両乳首に、吸盤バイブ「ラブサッカー」がキュウッと吸い付くと、恵利香は懐かしい快感に喘ぎ、自分が二度と戻りたくないと思った性感地獄に再び舞い戻ろうとしているのに、諦めにも似た感情を覚えていた。

ーーああ、又、陽子様のセックス奴隷として、気持ち良く調教して頂くのね……

 もし恵利香が、陽子だけでなく全ての陵辱者達のなぶり者になり、それどころか最愛の姉香織ともども肉欲地獄に堕とされる運命とわかっていたなら、とてもこんな穏やかな感情ではいられなかっただろう。

「さあ、さっさとお乗りなさい、うふふ……」
「うああ~っっ!!」
「あら、おちんちんを食べると凄い声が出ちゃうのね、嫌らしい子」
「だ、だって……」

 恵利香はピーリングされて疼き上がる女陰部にようやく男根型を迎え入れる歓びに、呆然としていた。あまりにも気持ち良くて、もう何も考えられない程だ。

「お尻にもお食べなさい」
「ほおお~っっ!!!」
「恵利香ちゃんの気が狂わないように一番小さくてツルッとした刺激のないのを用意したのに、すっごい反応ね。やっぱピーリングって凄いんだ」
「ああ、ああ~っっ!! よ、陽子様! もうイキそおですうっっ!!」
「まだこいでもないじゃない、えっちな子。さあ、これでパラダイスに着くまでこの自転車からは降りられないわよお~」

 陽子が恵利香が美脚を通してしまったラブバイシクルのサドルに付属した拘束黒革パンツのホックをパチパチと止めながら楽しそうに言ったが、野太く刺激突起が付きずいき繊維を巻かれた調教バイブなどより全然ノーマルな、初心者向けと思われるバイブにも関わらずピーリングを受けた前後ホールには圧倒的な快楽をもたらしてしまう。

「さあ、早くこぐのよ」
「駄目、いくううっっ!!」

 脚を動かすとサドルに埋まったクリ責め突起も心地良いバイブを起こし、前後の小振りな調教具は何も動いていないにも関わらず、恵利香はすぐに到達してしまいオロオロした。

「ご、ご主人様あ~ ああ、ああ、私一体どうしたらいいのおっっ!!」

 すぐにこぐのをやめてワナワナと自転車上の体をおののかせながら、恵利香は哀訴していた。

ーーこのままでは、本当に死んでしまう……

 歩いても自転車をこいでも、次々にアクメに達してしまう。本当に体が壊れる恐怖を味わう恵利香は、肉体改造の恐ろしさに救いの道を求めないではいられないのだった。

「だからパラダイスで鎮静剤を塗ってもらうよりないんだって。注意書きにちゃんと書いてあったよね?」
「ああ……はい……」
「グズグズしてたら、もっと麻酔が切れてひどくなるだけよ! さあ、どんどんイッテも構わないから、こいだ、こいだ! それとも、もっと凄い快感を味わいたいってわけかしら~?」

 こうして淫らな悪夢の中にドップリと浸ったような快感地獄を味わいながら、恵利香は夢中で自転車をこぎ、数限りない絶頂を極めながら悪魔達の待つ「パラダイス」への道を進んで行った。アソコにアナル、クリトリスといった股間にはもちろん猛烈な快感が火を噴き、調教ブラに可愛がられる乳房もいつしかトロけそうな心地良い援護射撃を送り込んで来るのだ。後部座席に乗った陽子も恵利香が事故を起こさないか気が気でなく、ほとんど歩いているような速度で進んでいる間に、「パラダイス」では恵利香の姉の香織が魔の手に落ちようとしていた。

 香織を車の中に連れ込む事に成功したカイは、恵利香以上に美しい香織をチラチラと見やりながら、口では小難しい政治経済の事について話し掛けると言う芸当を行っていた。

「お姉様は、この度の内閣改造に伴う日経平均株価の変動と、為替レートの変動について、どのようにお考えでしょうか?」
「え……すみません、私世の中の事に疎いものですから……」

ーーお抱え運転手なのに、こんな難しい話題を……

 香織は驚き、正代が輸入品店を経営するセレブである事をますます確信し、母の旧友だと言う大嘘を信じ込んでしまう。そうでなければ、ただの運転手がこんな話を仕掛けて来るとは考えられず、その話題についていけない自分の知的レベルの低さを羞ずかしく思ってしまう始末だった。カイは小難しい言葉を適当に並べただけなので、答えられなくて当然なのだが。

ーーおほほ、お姉ちゃんもやっぱり凄い美人さんだわね~ 恵利香ちゃんより背が高いわね。それにおっぱいやお尻もお姉ちゃんの勝ちみたい。妹と一緒にたっぷり気持ちいい事したげるからね~

 カイがそんな邪悪な気持ちを隠して自分をチラ見している事など全く気付いていない香織は、大切な書類が入っていると言う、恵利香が持ち帰った土産物袋の口を閉じ、両手で大事に抱き抱えていた。絶対に中を見ずに店に来て欲しいと正代に言われた事を忠実に守っているのだが、カイはそんな香織の素直な心根の優しさに感心しながらも、そのような女性を性的にいたぶる事に黒い欲望を燃やしていた。

ーー何だか下品なお店だわ……

 香織は車を降りて「パラダイス」と趣味の悪いピンクの電飾文字がまたたいている店の外見に妙な胸騒ぎを覚えていた。高級な輸入品を扱う店にしてはその2階建てのビルは老朽化していて、ピカピカ光る「パラダイス」の文字だけがやたらと目立っている。ガラス張りでないので店内は見えないし、何を扱っている店なのか、何も書かれていないのだ。

 実はまだ開店前だったのだが、もしもみすぼらしい格好をした冴えない男達が多い客の出入りを目撃したら、とても「パラダイス」が高級な輸入品店だとは信じられなかったに違いない。

「まあ、よくいらっしゃいました、お姉様」
「それではわたくしは失礼致します」

 いつもは着る事などないブランド物の服装をした正代が現れ、カイが馬鹿丁寧に一礼してその場を辞すと、香織が「パラダイス」の外見に不安を抱いているらしい事を見破った醜い中年女性はわざとらしい小声で話した。

「実は私どもの店は、知る人ぞ知ると言う、希覯品を扱っておりますので、このように目立たぬよう商売させて頂いております」
「きこうひん、ですか……」
「中々他所では手に入らない貴重なお宝物品ですので、高名なコレクターの方や、政財界の要人の方々などを顧客とさせて頂いております」
「そうですか。それで、このような……」
「薄汚くみすぼらしい店構えで、カモフラージュ致しておりますの、オホホホ……」

 香織が口にしようとして抑えた言葉を引き継ぐように正代が言う。全く口から出任せで、毒々しいピンクの文字はやたらに目立ってしまっているのだが、育ちが良く素直なお嬢様香織は、そういうものかと逆に感心してしまった。

 「パラダイス」は若い女性の着用済み下着や大人のオモチャなどを主力商品とした品揃えで、小遣い稼ぎの女子高生達による淫らなショーも楽しめる、いわゆるブルセラショップだったが、客の入り易さを考慮して、一見何の建物だかわからない作りの外見である。香織をたぶらかして欺し、店の中におびき寄せるには絶好の作りであった。

 そして従業員用の小さな入口から香織が案内されたのは、ごく小さな応接室だった。高級店とは思えない手狭な部屋のソファーに正代と向かい合って座った香織は、まるで取り調べ室みたいだと正直な感想を持ったが、それはあながち的外れではなかった。この部屋は、店の商品を万引きしようとして見つかった客を入れて対応する場所だったのだから。

「失礼致します」

 が、そこへコーヒーとケーキを盆に乗せうやうやしく登場した、執事のような黒服の男性を見て香織の疑念は氷解してしまう。お抱え運転手、そして執事、と上流階級の人間にしか許されない使用人を使っている目の前のみすぼらしく醜い中年女性は、やはりセレブであり母親の旧友に間違いないのだ。

ーー何とまあ奇麗な女だねえ。全くあの母親と言い、娘2人と言い、大城家の女は、男好きするやつばかりだ。いまいましいったら、ありゃしない!
ーーすっごい別嬪さんだわ。それにとってもグラマー。あらやだ、アタシおチンポが固くなって来ちゃった

 正代と、執事に扮したゲイボーイ調教師のテルは、ついに罠に嵌ろうとしている美女を、内心で舌なめずりしながら品評していたのだが、緊張している香織にはその淫靡な視線に気付く余裕はない。両手にしっかり抱き抱えた大切な袋を正代に渡す事で精一杯の香織は、彼らの茶番劇にすっかり欺されてしまっていた。

「あ、あの、コレを……」
「まあ、本当に感謝致しますわ、ありがとうございます。さ、どうぞご遠慮なくお召し上がり下さいませ」
「お砂糖とミルクはいかが致しましょうか?」

 だが、香織自身、親元を離れて妹と2人暮らしを始める以前の少女時代は、同じような黒服の男達にかしづかれて何不自由なく育ったセレブの娘なのである。次第にその感覚を取り戻し心地良くなってしまった香織は、つい警戒を緩めて砂糖とミルクを所望すると、目の前で先に手を付けた正代に促されるままに、危険な薬物を大量に含んだコーヒーを飲み始める。

 正代が精一杯はずんだ高級なケーキを食べ、コーヒーをすすっていると、香織は妙に気持ちがフワフワと高揚するような心地良さを感じていた。

ーーふふふ、そろそろ薬が効いて来たみたいだね。アンタももうおしまいだよ……

 香織の目がトロンと混濁して来たのを確認した正代は、執事に扮したテルに言った。

「では、お姉様へのプレゼントをお持ちしなさい」
「かしこまりました、奥様」
「お姉様、お礼にぜひお受け取り下さい。こちらはフランス直輸入のコスメティックでございます」

 それは女体を劇的に欲情させ色狂いにさせる「随喜ローション」であった。

「これは美肌マッサージ器でございます。」

 次に正代が吹き出しそうになりながらテルから受け取り、香織の前のテーブルに置いて見せたのは、ピンポイント攻撃のピンクローターと強烈なバイブの電マである。男性であれば一目で用途のわかるいかがわしい道具も、お嬢様育ちの香織は初めて目にするらしく、完全にトロンと潤んでしまった美瞳でキョトンと眺めているのが、正代とテルにはおかしくてたまらなかった。

「最後にこちらは、美容にとても良い健康トレーニング器でございます。」
「な、なんれすか、これは……」

ーーははは、さすがにこれは強烈だったかい? でも、もう呂律が回ってないし、目を開けてるのでやっとなんだろう?

 ペニスを模し幹の前後に小枝の付いた本格的なバイブレータを見せられた香織は、言葉も動作も鈍りながら大いに動揺しているようで、テルも大笑いしたい気分だった。

ーーそうよ、このおちんちんバイブは美容と健康にとってもいいのよ~ アソコもクリちゃんもアナルも気持ち良くなれちゃうの。毎日これでコッテリと気をおやりになれば、お姉様も恵利香ちゃんに負けないエロかわいい女の子に成れちゃうわね、おほほほ~
「大事にお持ち頂いた、袋の中身もお見せ致しますわね」

 そう言った正代が、恵利香の強烈に淫らな羞恥写真を1枚ずつ並べ始める。

「え、り、か……」

 最後にそう呟いた香織は完全に意識を失っていた。

 一方自転車をこぎながらイキ、歩きながらイキ、ほとんど人事不省に陥りながら「パラダイス」にたどり着いた恵利香は、嫌がりながらも陽子に地下の調教部屋に連れ込まれ、超ミニスカで後ろ手錠に首輪と言う性奴隷スタイルで、正代に対峙させられていた。

「ママ、恵利香ちゃんお願いがあるんだって。さ、言ってごらん」
「あ、あの……鎮静剤を下さい」
「ほお? じゃあ又アタシらの性奴隷になるって言うのかい?」
「い、嫌です!」
「ねえママ。恵利香ちゃん、私だけの奴隷がいいんだって。それで許してあげてよ、いいでしょ?」

 陽子は心にもない言葉を吐いていたが、恵利香は簡単に欺され期待してしまった。こうして本当は存在しない希望をわずかずつ残し、1枚1枚小鳥の羽根をむしり取るようにゆっくりと絶望の底に叩き込む、その過程がサディスト達の嗜好に敵うのだ。

「陽子はこの子に甘いんだからね~ まあ仕方ないか……」
「ありがとうございますっ!」

 思わず声を弾ませてしまった素直だが愚かな美少女は、部屋の隅になぜかパーテーションで区切られた一角があるのが気になっていた。これまでそんな物を見た事はなかったのだ。

「鎮静剤は陽子に渡してやるよ。1日1回、辛い所に塗ってもらいな」
「恵利香ちゃん、アタシが毎朝ヌリヌリしたげるね~ おっぱいと、クリちゃんと、アソコとオシリの穴にだよお~」
「あ、ありがとうございます……」

 陽子に毎朝そんな性感帯を弄られる事を考えると、恵利香の声のトーンは少し下がった。鎮静剤の塗布でメチャクチャに乱れてしまう自分が目に浮かぶようだ。

「それだけでいいかい?」

 正代は底意地悪くニヤニヤ笑いながら、恵利香の次のお願いを待った。が、なかなか口を開こうとしない恵利香に、陽子が聞く。

「恵利香ちゃん、ちゃんと歩けるの?」
「は、はい……」
「じゃ、もう歩いて帰っていいわよ」
「い、いえ、クリトリスが……」
「まあそんなはしたない言葉を口にするなんて、大城家のお嬢様はえっちで困ったもんね」
 
 正代のからかいの言葉は辛辣だったが、歩くたびにどうしてもイカされ続けるのはまともに生きては行けない。恵利香は血を吐くような気持ちで続けた。

「擦れてしまって歩けません。何とかしてもらえませんか?」
「あらら、せっかく気持ち良いボールを埋めてあげたってのに、嫌だって言うの?」
「はい……」
「それを治すにはどうすればいいのかしら? 手術の注意書きをよく思い出して、言ってごらんなさい」
「……く、クリトリスの、お皮を、手術して取って下さい……」
「あら、淫乱になる手術を受けたいんだね。こんなえっちな子、初めて見たよ、はははは……」

 シリコンの刺激玉の埋まった包皮のままでは歩くだけでイキまくってしまい、まともな生活は送れない。さりとて包皮を手術で除去するのも、女性を淫らに狂わせるスタンダードなやり方だ。恵利香にとっては正に、手術するも地獄、しないも地獄である。

「じゃあお望み通り手術してやるけど、その前にこちらをごらん」

 正代は恵利香の気になっていたパーテーションの方まで歩くとそう言った。

ーー中に、何か、いや、誰かがいるんだ!

 恵利香は恐ろしい事を想像して、早くも氷り付くような気分に陥っていた。

ーーまさか……まさか、そんな恐ろしい事は……

 が、恵利香の恐ろしい予感は的中してしまった。正代がパーテーションを開けて、中の大きな椅子に縛り付けられている若くて美しい女性の姿を認めた時、恵利香は絶叫して駆け寄ろうとした。

「お姉ちゃんっっっ!!!」

 が、歩くだけでも困難な恵利香の体に走る事など許されなかった。

「あ~っっっ!!!」

 あっと言う間に強烈な快楽の電流が下腹部を貫き、恵利香はその女性までたどり着けずに倒れ込むとシクシク嗚咽した。ついに捕らえられてしまった恵利香の美姉香織は、今だ昏睡状態のまま女性を拘束するための大きな椅子にがんじがらめになっている。

「アンタがアタシ達の性奴隷は嫌だなんてわがままを言うもんだからね。お姉ちゃんに、代わりになってもらう事にしたよ」
「ああ、あ、悪魔……」
「今頃気付いたのかい、このバカ娘ッ! はっはっはっはっ……」

 悪魔の勝利を宣言するかのような正代の高笑いが「パラダイス」地下の調教部屋に響いていた。


狙われた美姉妹目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。