スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「狙われた美姉妹」ⅩⅡ.7月12日(金)クライマックス前日 ⅩⅡー10.恵利香のまんこ芸

狙われた美姉妹

 海外に駐留するエリート商社マンの両親と離れて、大学生の姉と暮らす女子高生恵利香。ある日薬物を盛られてトイレで自慰に耽ってしまった所をクラスメイトに盗撮され、脅迫されていかがわしいブルセラショップに連れ込まれてしまう。そこに待っていたのは、かつて母親の恋敵だったと言う鬼婆のような正代と級友陽子の醜い母娘と、化け物のようなゲイボーイ調教師3人組。こうして美しい姉妹を奈落の底に突き落とす、情け容赦ない性奴隷調教が始まった。悪夢のような性感責めにすすり泣く美姉妹が、地獄の果てに見たものは?(約86万字完結)

ⅩⅡー10.恵利香のまんこ芸

「香織さん、本当に大丈夫ですか?」

 高級レストランでのディナーの最中に異変を生じ倒れてしまった美しいフィアンセを後部座席に寝かせた雅彦は、ハンドルを握ったまま心配そうに聞いた。香織は、口でこそ「大丈夫」と繰り返すのだが、よほど体調がすぐれないようで、色白の美肌を真っ赤にして大粒の汗を全身に浮かべ、時折ピクピクと体を痙攣させてまともに歩くことも出来なくなってしまったのだ。雅彦は無論、香織が体に仕込まれた調教下着に責められ絶頂を迎えた体をおののかせていたなどと、夢にも思ってはいない、ただ慣れないワインの酔いが原因だとばかり思い込み、調子に乗って乾杯を促した自分を責めていた。

ーーあがあ~っっ!! ま、又オシリい~っっ!! 死ぬっ、死んじゃうううっっっ!!!

 後部座席に身を横たえた香織は、「調教モード」最後の難関であるアナルバイブによる2連続目の絶頂を迎えて激しく乱れ、うなされたような呻き声を洩らしながら苦悶の様を晒していた。

ーー香織さん、そんなに具合が悪いのですか? ごめんなさい、僕がうかつだったばっかりに……

 そう大きな勘違いをして自分をひどく心配してくれる雅彦に、香織は強い愛情を再確認していた。そして嵐のような「調教モード」による5連続アクメが終わってようやく人心地が付いた香織は、自宅のマンションまで送ってくれた雅彦と別れ際に、熱烈に抱き着くと自分から唇を合わせてから言った。

「雅彦さん……愛しているわ」
「僕もです、香織さん」

 夜とは言え人目もはばからず情熱的な口付けを交わすカップルを、マンションの敷地の外に止まった車の中から見ている者がいたことに、香織も雅彦も気付いてはいなかった。

「おほほほ~、雅彦さんってイイ男ねえ~」
「アタシたち、たっぷり当てられちゃったわ~」
「あんなの見せられちゃ、もうアタシのおちんぽビンビンよお~」

ーーああ、又このバケモノたちに……

 婚約者雅彦との愛情を確かめる熱烈なキスの後、別れの挨拶をした彼が車を発進させるや否や、外に駐車していた車の中からカイ、テル、ノブのゲイボーイトリオがやって来た。男らしさと優しさを兼ね備えた雅彦と比べて、下品で嫌らしいばかりのオカマたちは、これが同じ男性なのかと思ってしまうほどおぞましい存在だったが、婚約者に抱かれても決して感じることのなかった素晴らしい性の歓びを叩き込まれた香織の体は、彼らの声を聞いただけでゾクゾクと新たな興奮が込み上げて来るのだった。

「ねえお姉様、彼とのデートはどうだった?」
「アタシたちに聞かせてちょうだい」

 すぐにカイの運転する車に連れ込まれた香織は、後部座席でテルのひざの上に抱かれる形で座らされた。テルが純白のワンピースの上から嫌らしく撫で回しながらたずねる。

「このワンピ彼氏に買ってもらったの?」
「はい……」
「すてきい! まるで本物のお嬢様みたい~」
「あーら、何言ってるのノブちゃん。お姉様は正真正銘のセレブなお嬢様なのよ~ん」

 ハンドルを握ったカイもそう茶々を入れると、3人はおほほほ~とおぞましいオカマ笑いで香織の神経を逆撫でにする。そしてノブはワンピースの股間に手を潜らせて言った。

「だけどお姉様は彼氏の前なのに、ブルンブルンを楽しんでイキまくっちゃったんでしょお?」
「そんなこと……」

 香織が答に詰まると、テルが唇を奪いに来た。

「気取ってちゃダーメ。さ、もう彼氏のことは忘れるの。アタシたちのかわいいセックス奴隷ちゃんに戻る時間よ~」
「ああ……」

ーーどうして……

 香織はテルを拒絶出来ず、易々と唇を与えてしまう自分のだらしなさを疑ってしまう。それどころか、イヤらしい舌が口の中に侵入して来ると自ら舌を絡めて応じてしまうのだ。まるで雅彦の痕跡を穢してしまうような行為なのに、頭の中では蛇蝎のように嫌っているゲイボーイたちの性戯に嬲られて女の歓びを知った体が否応なく反応して、簡単にフィアンセを裏切ってしまうのだ。そしてノブの手はワンピースを完全にたくし上げて、黒革の調教下着に掛かり錠を外し始めた。

「おほほほ~、お姉様のえっちなカラダに聞いてみるのが一番ねえ~……あらあ、思った通りだわ、大洪水じゃないのよ! こんな人でもないおチンポを雅彦さんと勘違いしてるのかしら。ギュウギュウすんごい締め付けよ~」
「デートしながら、彼氏を裏切ってたのね、イケないお姉様だわ。ノブちゃん、お姉様の大好きなオシリにお仕置きしてあげてよ。前だけ抜いて、妹ちゃんと一緒にまんこ芸をやらせるのよ」
「うふっ、それじゃ楽しいお仕置きよっ!」

 ノブが各所を別々に動かせるリモコンを操ってアナルバイブだけに緩やかな振動を与え、前部の調教バイブを引き抜き始めると、香織はもうその快感にほだされてテルにしがみ付き、ますます激しくディープキスに溺れてしまうのだった。

「ふうん。それでせっかくアタシらが着せてやった服はそっちのけで、そんなお姫様みたいな服を着てるわけだね。お前、自分の立場がまだ良くわかってないんじゃないか」

 パラダイスの調教部屋に連れ込まれた香織が、雪のような純白のワンピースを着ているのを見た正代は静かな口調で責めた。もちろん香織が彼氏のプレゼントを拒否など出来るはずがないのはわかっている。

ーーホントによくもこんなドレスが似合うもんだね。とてもアナル好きのエロエロ姉ちゃんには見えないよ。ショーで着せてやってストリップさせても良いか知れないね……

「ところであのTシャツとミニスカはどうしたんだい?」
「わかりません。たぶん彼氏が……」
「ああそうかい。大方その服でも匂いながら、今頃シコシコせんずってるんだろうね。かわいそうな彼氏だよ」
「そんな……」
「アタシの彼氏はそんな変態じゃないって、言いたそうだね。男なんてみんな同じさ、そうしてお前みたいに猫をかぶった女にコロッと騙されるのさ。今度そいつに使用済みのパンツとブラをやりな。大喜びで惚れ直してくれるよ」

 正代の言葉はひどいと思っても、香織には反論も出来なかった。ゲイボーイたちが笑って付け加える。

「そうなのよ、お姉様ったら彼氏の前でコッソリとイキまくってたらしいの~」
「全くエリートだかどうだか知らないけど、この子に首ったけみたいで、大金はたいてプレゼントしたって言うのにね~」
「こんなはしたない女が、よくもお嬢様です、なんて澄ました顔してキレイな服を着てたもんだわ~」
「おや何だかブーンって音が聞こえるね。恥知らずな妹と同じかい?」

 そう正代が指摘した通り、腰ミノ状のスカートで「シッポ」をアナル調教具で付けられその場に控えている恵利香と、純白ワンピース姿の香織の、それぞれの胸部とお尻からは同様にブブブ~とくぐもったモーター音が聞こえていた。そのため美姉妹はどちらも調教ブラとアナルバイブに責められて気もそぞろになり、すぐに恥を晒してしまわないよう必死で堪えているのだ。この状態で「まんこ芸」をさせようと言うのが、陵辱者たちの嫌らしい手管だった。

「ねえ、アタシお姉様の服を着てみた~い」

 陽子が言うと正代は怒鳴りつけた。

「バカ言うんじゃないよ! アンタに着せるなんざ、豚に真珠みたいなもんだよ!」
「ひっど~い」
「どブス女には、制服だってもったいないくらいさ」
「ママに似たんだよ!」
「わかってるさ! ブスにはブスの生き方があるんだよ、陽子。グダグダ言ってないで、恵利香に仕込んだ芸をお姉ちゃんに見せておやり」
「しょーがないなあ。じゃまず、まんこ釣りやってみせよ、恵利香ちゃん」
「お姉ちゃんは、そこに正座してよく見るんだっ!」

ーーうふうんっ! オ、オシリが……

 正座すると微振動を繰り返すアナルバイブがズンとより深く直腸付近を突き上げて来て、香織は美貌を歪め喘ぐ。が、「まんこ釣り」と称された芸の淫靡さを見せつけられると、アナルの歓びが一層淫密にヒタヒタと背筋を這い上がって、香織を悩ませることになるのだった。

「さ、釣り竿をくわえるのよ」
「ううんっっ!!」

ーー恵利香ちゃん、そんなえっちな声出さないで……

 「釣り竿」はちょうど「まんこ習字」で使った嫌らしい筆と同じような模様の浮き出た太くて短い棒で、その先に釣り針が下がっていたが、恵利香はその淫らなデザインの竿を花唇にくわえ込むと、はしたなく歓びを告げる声が洩れてしまうようだった。

「お姉様がちょうどいいのを着けてらっしゃるわ。青いペンダントを貸してちょうだい」

 陽子が香織の首に掛かったサファイヤのペンダントを外そうとすると、正代が口を出した。

「ふん、それも彼氏に買ってもらったのかい?」
「はい、そうです……」
「いいご身分じゃないか。ま、ちょうどいい、まんこ芸に使ってやろう。今度彼氏に見せてやりな、鼻血を出してぶっ倒れるかもしれないよ」
「ああ……」

 悪辣なやり口に嘆息する香織がふと見ると、陽子はペンダント以外にもさまざまな品物を並べていた。それぞれまるでゲームセンターのキャッチコーナーのように釣り上げることの出来る丸いヒモが付いている。恵利香に女陰部にくわえ込んだ「釣り竿」で釣り上げさせようという趣向らしい。

「さあ恵利香ちゃん、全部釣ってこちらに移動させるのよ」
「はい……」
「コラお姉ちゃん! しっかり見ろって言っただろうがっ! 目を閉じたり反らしたりしたら、恵利香に1からやり直させるよっ!」

ーーああ、何てえっちな芸なの……辛いのね、恵利香ちゃん、ごめんなさい、お姉ちゃん助けてあげることも出来ないの……

「まんこ習字」の時は自分も芸をこなしていたからそれほどわからなかったが、改めてまじまじと見せ付けられる「まんこ芸」は凄まじく淫靡で、姉の目から見ても食べてしまいたくなるくらい可憐な美少女の恵利香がそんなはしたない芸をさせられているのはとても正視には耐えられない光景だった。そして恵利香は釣り上げて持ち運ぶ品物の重さが掛かると、ウッと辛そうに表情を歪めて姉を心配させる。雅彦にプレゼントされたペンダントもいざ運ぶとなると相応の重さがあり、苦労して運ぶ恵利香の淫唇部がビロンと伸びて垂れ下がっているのに、香織の目は潰れてしまいそうだった。

「あ……あん、いくう……」

 そして女の部分で品物を釣り上げて持ち運ぶ芸は、苦痛だけでなく絶大な快楽ももたらしてしまい、アナルや乳房の快感も相まって恵利香は時折小声で絶頂を告げ、それでも健気に1つずつの品物を釣り上げては歩いて運んでいった。

「さあ最後に大物が残ったわね」

ーーそんなの無理よ! 恵利香のアソコが壊れちゃう!

 香織が大いに心配してしまった最後の品物は、何と日本酒の一升瓶だった。中身は入っていないが、明らかに無茶と思われる凶悪な代物に香織の方が悲鳴を上げそうになる。だが、陽子が信じられない言葉を吐いた。

「どうしたの? さっき一度出来たじゃない。お姉様の前だからって遠慮せず、堂々とアンヨをおっ広げて運べばいいのよ」
「そうそう、さっきは途中でイッチャって何度も落としたわね、気を付けるのよ」
「頑張らなきゃあね。だって失敗したら1からやり直しだもんね」

ーーあ、悪魔……

 そう心配する姉をよそに、恵理香はウウッと鼻声を洩らし踏ん張ると一升瓶を釣り上げ、まるで相撲取りがシコを踏んでいるかのように大きく脚を広げて、慎重に歩き始めた。

「ソレソレ、頑張れー」
「おっとこれは撮影しとかなきゃ」
「まあ気持ち良さそうね。我慢してないでパーッとイッチャイなさいよお」

 ゲイボーイたちの最後の囃し声が香織にはショックだった。こんな無残で凄まじい苦痛をもたらすはずの「芸」で妹が感じてしまい気をやってしまうと言うのか。

ーーこれがマゾってことなの?……

「……いぐうっ!」
「やっぱりイッチャったあ」
「まだまだよ、頑張って運ばなきゃ」 

 その信じられない、妹が被虐の歓びに染められた姿は、この後「まんこ芸」を課せられるであろう香織自身の姿になるのに違いない。その恐ろしい予感が頭をかすめた瞬間、アナルを強烈な悦楽にズズッと突き上げられた香織は、妹と一緒に、イク、と言う血を吐くような言葉をもらしていた。 

「恵利香ちゃん、今度はしゃがんでね。バナナの輪切りよ」

 苦労して一升瓶をアソコで釣り上げて運んだ恵利香に、休む間もなく次の芸が課せられる。姉のすぐ前に座った恵利香がM字状にヒザを立てた脚を開いたかと思うと、陽子は皮を剥いたバナナを女陰部に当てがい、ゆっくりと含ませていったのだ。

「さあしっかりバナナを食い千切ってごらんなさい」
「ふんっ!」

ーー恵利香っ! な、何てことを……

 鼻を鳴らしてバナナをくわえ込んだアソコに力を入れる恵利香の破廉恥極まりない格好に、香織の方が狼狽し顔を背けそうになっていた。とてもあの、日本人形のような黒髪の美少女の行為とは思えない。するとそんな香織の気持ちを見透かしたかのように正代が言った。

「オラオラ、せっかく妹が踏ん張って芸を見せてくれてるんだよ、目を反らさずしっかり見るんだっ! 明日はお姉ちゃんも一緒に、お客さんの前で芸を披露するんだよ!」

 自らアソコを開いてくわえ込んだバナナを、精一杯力みながら締め付ける妹のポーズの卑猥さに胸が潰れそうだった香織は、この「まんこ芸」を見知らぬ男たちの前で自分もこなさなければならないという過酷な現実に直面して色を失った。そして恵利香は、そんな姉の見守る中見事にバナナを輪切りに切り落として見せたのである。ゲイボーイたちはヤンヤの喝采であった。

「きゃあ、やったわ~」
「さすがはどヘンタイの恵利香ちゃんねえ」
「女子高生なのに、男のチンポを食い千切ることを覚えちゃって……末恐ろしいわね、この子」

 輪切りに挑戦して途中からは何かに取り憑かれたように一心不乱に力んでいた恵利香は、残ったバナナをさらに何枚にも切り落とす見事なアソコの能力を発揮して香織を驚かせていた。

ーー恵利香ちゃん、一体どうなってるの、あなたのアソコ……

「さあお次はニワトリの産卵よ」

 バナナを輪切りに切って落とした恵利香の女陰部に陽子が鶏卵を当てがい、割れないよう慎重に奥に押し込めていくと、卵の大きさに一瞬顔をしかめた恵利香のアソコは優秀な柔軟性を見せて、見る間に卵を完全に収めてしまった。

「それじゃ卵を産むのよ」
「うふうんっ!……あ……ああん……」

 又も鼻声を洩らして力み始める恵利香は、すでに全身に油を塗ったかのような大量の汗を滴らせ、荒く切ない吐息を仕切りと洩らしながら、卵を割らないで吐き出すと言う難行に挑んでいた。すると正代が怒鳴る。

「オラオラ、何をチンタラやってんだい、さっさと卵を産まないかっ! こんなに時間を掛けてちゃ、お客さんが飽きて帰っちまうぞ!」
「そうだ恵利香ちゃん、卵が生まれるまでニワトリの鳴き声でもやってよ、コケコッコ~って」
「……こ、こけこっこ」
「まだまだ! 卵が出るまで続けろっ!」
「こけこっこ、こけこっこ、こけこっこお……」
「ところで陽子、こけこっこって雄鳥だろ? 卵を産みやしないよ、このバカ……」
「いーじゃん、面白いから」

 が、母子のそんなやり取りにも気付いていないかのように、こけこっこ、こけこっこ、と繰り返した恵利香は、ついに卵を吐き出し始め、姉が驚愕の視線で見つめる前で、ホカホカと湯気の立っているような卵の出産にようやく成功したのだった。

 こうしてあまりにも卑猥な「まんこ芸」の数々を見せ付けられた香織は顔面から血の気が失せていたが、当の恵利香は芸によってイヤと言うほど官能を揺さぶられ、だらしなく涎まで吹きこぼして快楽の余韻に表情を緩めていた。「産卵」を終えた直後の淫らにヌメ光る女唇を堂々と晒したおっぴろげの下肢を投げ出し、まだ幼い美貌に至福の歓びを浮かべているかわいい妹の姿を目の辺りにした香織は彼女に掛けてやる言葉も見つからず、ただ切実に突き上げてくるおぞましいアナルバイブの快感に懊悩を深めるばかりだった。

 そして次には香織が妹以上に乱れ、浅ましい痴態を晒す番だったのである。


狙われた美姉妹目次
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

KEYWORDS:
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。