スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由紀かほる「女教師~みんなの見ている前で

ブログパーツ

女教師―みんなの見ている前で (アップル・ノベルズ)

人間教育に情熱を注ぐ若き美貌のヒロインの誇りと虚飾が剥ぎ取られていく。熟れた女教師の肉体に過酷な責めが次々と襲いかかる。

「ゆう紀、お前は奴隷教師になるんだっ」
 曙学園教諭、梢ゆう紀は一年前まで校内暴力の吹き荒れていた学園を、一人で改革し模範校に変えた実績から、“理想の熱血女教師”と呼ばれていた。そのゆう紀が少年院帰りの甲田冬樹に強姦されたのだ。人間教育に情熱を注ぐ若き美貌のヒロインの、誇りと虚飾を剥ぐべく、熟れた女教師の肉体に次々と過酷な責めが襲いかかる。

「うむうっ、うんんっ」
 小鼻をふくらませ、ゆう紀は自分でもあきれるほどの執拗さで舌を巻きつけていく。
 自分をレイプした生徒の持ち物を、図書室の中で鎖だけを着けた裸身を晒し、跪いてしゃぶりまわす――それがどんなに背徳的な行為であるか、ゆう紀自身自覚しながら、どうすることも出来ずにいるのだ。



☆すみません。まずお謝りしなければいけませんが、この作品は現在入手困難なようです。が、あえて紹介させて頂くのは、由紀かほるさんお得意の女教師ものの中でも、最も衝撃的ですばらしい作品だからです。上の紹介文でおわかりのように、若くて美しく皆の尊敬を集めるような立派な女教師を、ロクでもない不良男子が陵辱して性の虜にしてしまうというお約束のような設定です。この「ゆう紀」というヒロインの格好良さにはほれぼれしてしまう程なのですが、彼女を暴力と性テクニックでメロメロにしてしまう冬樹という少年院帰りの不良の責めが、初めて読んだ時衝撃的な手管で何度も抜かせてもらったものです。(笑)

 それは全身をチェーンで緊迫してしまったゆう紀を、他の生徒の前で辱める、と言う古典的なものではありますが、縄ではなく鎖で、学校という場で他の生徒の前で辱められることで、女教師がプライドを打ち砕かれ、鎖が喰い込むだけで感じてしまうようになり、ついには淫女そのものになって冬樹のペニスにむしゃぶりついてしまう、
その描写が粘っこくて、由紀かほるという作家を知って良かった、と思ったものです。

 由紀かほるさんは、その後も数多くの女教師ものを書いておられますが、いずれを選んでも抜けます。昔女先生に密かにあこがれていた方にはオススメです。が、女教師と不良生徒、というシチュエーションを最も純粋でハードに表現したのはこの「女教師~みんなが見ている前で」だと思います。比較的近作だと「密室の女教師」というのがいいですね。また今度紹介したいと思います。

アマゾン
新・SM小説書庫(本サイト)
リンク
アダルト動画検索インモラル
アダルト動画クリップ
アダルトアンテナ アンセレ Adult Antenna
エロ動画アンテナ
エロエロアンテナ
エロファイルアンテナ
すぐ見れるアダルトアンテナ
Adult Antenna
アダルト動画検索ヌキネーター

(以下はグループサイト)
新・SM小説書庫
18禁実写系サイトアンテナ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。